2005年07月24日

「外国人力士はなぜ日本語が上手いのか?」

今日の名古屋場所千秋楽は朝青龍の5連覇で幕を閉じましたね。
私は琴欧州を応援してたのですが、決定戦にまでもつれこむ前に
3敗目を喫してしまったので残念でした。

今場所はモンゴルとブルガリア出身、という外国人力士が
最後まで場所を沸かせましたが
私がこれまで思っていた外国出身の力士に対する疑問に
ドンピシャな本を見つけました。

『外国人力士はなぜ日本語が上手いのかーあなたに役立つ「ことば習得」のコツ」宮崎 里司
日本語学研究所

これは是非帰国したら手にしたい一冊。
厳しい力士の世界では、他のスポーツ選手みたいに
「ありがとー」とか「サイコ-」とかちょっとした日本語を発すれば
ワッと歓声があがるなんてことないもんね。
逆に野球のMLBでもう何年もプレイしている選手に
通訳がついてたりすると驚いちゃいますね。

お相撲さんはともかく
外国に住んで1日中その国の言葉のシャワーを浴びてたとしても
その言葉を習得できるかどうかは、また別物。
衛星放送やDVD、そしてネットが普及している現在
気が付けばいつだってぬるま湯に浸かる環境は整っているんだもの。
ぬるま湯での心地良さの中でずっと暮らしていくのか
それとも徐々にお湯の温度を熱くしていくのか。
温度が上がっていく度に湯から飛び出したい気持ちにも駆られるけど
案外、長く入っているとそれが丁度いい湯加減になってたりするもの。
私も長い事同じ温度のお湯に浸かってたけど
ボチボチお湯の温度を上げている最中です。

posted by Mic'o at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | intermezzo(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

日本とボスニアのかけら

※今日はリンクさせて頂いているvonnoelさんの
『あなたの「日本」、私の「日本」』にトラバしております。

世界も広いけど、日本も狭いがその中は実にバラエティーに飛んでいるよな〜
と思わせていただいたVoonoelさんのブログですが、
同国人同士話が盛り上がる中、時折何となく違和感を感じる事、私もあります。
メールや会話でお互い海外生活を愚痴っていたりすると必ず出るセリフ

「日本だったら・・・・ですよね〜」

でも、同意を求められても「そう、そう、そう!」って首を縦に
ブンブン振れない瞬間に出くわすと思う。

日本を離れて長いので、浦島状態に陥っているわけではないのですよ(笑)

年々日本の何処に住んでいても同じサービスが受けられるようになってきているし
情報だって、TVやネットで即座に最新のものが入手できる昨今。

でも、地域性っていうのは全国一律にする事はできません。
全国津々浦々から集まってきた人達が「日本」の話だからといって
満場一致できないのは当然の事ではないだろうか。

仮に私が住んだ事のある地域で日本を語るとしたら、
どうなるだろう?

「日本にいたら毎日取りたてのお魚が食べられるのにね〜
 日本にいたら冬は雪は殆ど降らないし、ダウンジャケットなんて無用の
 長物よね〜
 日本にいたら市内に子どもと大人がが楽しめる施設が周辺に
 何箇所もあるから、 車さえあれば 家で子どもと2人で
 煮詰まった生活をしなくていいのにね〜」

考えてみると中学生以下の子どもと住むには環境がいいかも・・(笑)
いや、そういう事を言いたいんじゃなくて、
私達を取り囲む環境や人々を日本の標準として話は出来ないって事。

日本であれ、現在私が住むボスニアであれ
私が目や耳にしている事の1つ1つはその国を形づくるカケラなのであって
身の回りに落ちているカケラしか寄せ集めていても
決して全体は見えてこない。
自分にとって身近なカケラだけ拾っていれば、本当は楽な事は百も承知。
でも、全体像を知り、語りたいのであれば
時には鋭い破片に指が傷つく事があっても、それが真実ならば
敢えて他の場所に落ちているカケラを拾い集めに行く事も辞さない。
でも、客観的にみても余りに一方的でイビツな情報で
固められたカケラだったら拾おうと思わないけどね・・

カケラを集めれば集める程、その形が正確に見えてくるはず
この先の人生、私はどれだけのカケラを拾い集められるだろうか

posted by Mic'o at 22:05| Comment(4) | TrackBack(0) | intermezzo(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

お引越し・忘れ物

某Yブログから紆余曲折を経てこちらのブログに引っ越して参りました。m(__)m

Yブログ、及びこちらに移るまで仮住まいとして利用していたHてなにて
Upした7月7日以降のブログをこちらに移行した時点で引越し完了とします。

ブログは代わっても、住んでいる場所は多分半永久的に同じですので(爆)
この先もボスニア話&αにお付き合い頂ければ幸いです。

さて、お引越しの日付を7月7日にした理由ですが
これはちょっと懐かしい曲を思い出したからなんです。
(注:この先ボスニアとは何の関連もない話です)過去にはこんな曲も聴いてたのね・・
posted by Mic'o at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | intermezzo(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。