2006年03月30日

雪の降る夜はペチカとアイス?!

本日のブログはルーマニア在住へーどーさんの「鼻の下もカピカピになりました」にトラバさせて頂いてます。

旧ユーゴに住んでからというもの「冷え」に繋がる事に関して神経質な程に注意を受けるようになりました。家の中を裸足で歩いてればすかさず「スリッパを履きなさい!」と声が掛かるし、冷たいもの(特に炭酸入り)を喉に流し込んでいると「喉をおかしくするからそんなに沢山飲むなよ!」と再びダメオシの一言が飛んできます。

裸足の方は我が家も何度か改装してタイル床の部分が多くなってきたこともあり、冷たいタイルの上を裸足で歩くのは確かに冷えに繋がりそうだ、というのは分ってきましたが(靴下だけではNGだと思われているらしいけど、その辺りは適当にしてます)、冷たいものについてはお腹を壊すならともかく、四季を問わず喉を痛める理由をそこに求めるのが未だに納得いかないのです。

なんだか腑に落ちない感が拭えないにも関わらず、日本に帰省の際子ども用にオーダーしたジュースの中に氷を見つけると、「なんで子どものジュースに氷が入ってるのよ!」と非難の気持ちが湧き上がって来るのは、私の中のボスニア人度は思うより早いスピードで上昇しているせいかもしれません。(恐ろしや・・でも私は国籍もアイデンティティーも日本人ですから!)
日本で子ども用のジュースをオーダーした際「お子さまの飲み物は氷抜きにしましょうか?」と尋ねてくれたのは、地元のミスドで働く店員さんだけでした。でも、彼女が気に掛けてくれたのは彼の喉ではなくお腹だと思います。

我が家ではボスニアの掟に反して息子に冷蔵庫から出したばかりの牛乳やジュースを与えていますが、同じ年頃の子どもを持つ知人宅では牛乳や水はともかく、カフェで頼むジュースさえ室温で保管されていたもの、冷蔵庫に入っていたものであれば湯煎で温めて出すようにと店の人に指示する有様。室温ならまだしも、湯煎で温めるって、哺乳瓶入りのミルクじゃないんですからー。
本音を言わせてもらえば、湯煎にかけたジュースって喉ごし悪そうです。
更に言わせてもらえば、いちいち飲み物を温めるのが面倒なズボラな母の下に育ったうちの息子は、花の様に大事に育てられている知人の子ども達よりも病気に掛かる頻度は少なかったりします。体を冷やさない事に細かい気遣いをするのは大切だと思いますが、暖房ガンガンの部屋で厚着させて、汗かいたまま外出したら風邪引くの当たり前ですって・・(--;)

前置きが長くなりましたが、1月に欧州を襲った大寒波の頃「ロシアでは記録的な寒さの中アイスが飛ぶように売れている」といった記事を目にしました。
東欧では喉を冷やさないようにと躍起になっている中、極寒の地ロシアで冷たいものの代名詞ともいうべきアイスを人々が好んで口にしている、という逆転現象が起こっていたわけです。
厳冬の折にアイスを食べるとおいしく感じる、という話は中学時代に図書館で借りた椎名誠さんの写真集「シベリア夢幻 零下59度のツンドラを行く」で初めて知りましたが、内戦前ロシアに赴任していたダンナの従兄弟も「寒い中で食べるアイスはうまい」と証言してましたし、ネットで在ロシア邦人の方のサイトを検索すると案の定、冬でもアイスの消費量は落ちない様子。ロシアの凍てつく寒さの中で生活しているとアイスなどもはや冷たいものとして認識せず、そう思えるには東欧の寒さは中途半端なのでしょうか。

ロシア人は鋼鉄並みの喉の粘膜を備えていると見ましたが、アイスを食べた後にウォッカを流し込めば喉元過ぎれば熱さ・・ではなく、アイスの冷たさも一気に吹き飛びそうですけどね(^^;)


2006年03月28日

春の息吹

先週末サマータイムに移行したのと前後して(日本との時差は7時間)、春の足音が急速に近づいてきました。もはや春というよりも初夏を思わせるような陽気で、長袖シャツにジャケットでは軽く汗ばむ程。それもそのはず、今日はバニャ・ルーカで22℃、サラエボでは20℃近くまで気温が上がったそうです。春というよりも初夏ですね。

約1週間前に雪の中凍えながら植樹作業をしたのが夢(悪夢?)の中の出来事だったかのようです。

何の植樹だったのかはまた改めて書く事として

我が家の庭にも花木の芽が顔を出したり、アリが地面を往来していたりと春の息吹を感じさせる光景が見られるようになりました。

pupopljakkroz.jpg

pupoljak.jpg

息子曰く「バラの赤ちゃん」、バラの新芽です。
近々一度剪定する必要があるようですが、今年も色とりどりのバラの花が我が家の庭に彩りを与えてくれる事でしょう。

2006年03月05日

陽だまりのないこんな日は・・

ここ最近雪の合間に晴れ間が広がるといった天気が続いています。
今週は水曜と金曜に青空が見れた他は雪もしくは曇りのどんよりとした天気で、
気分も自然と沈んできますね〜。
天気予報ではアレルギー等天気が心身に及ぼす影響も教えてくれるのですが、
ここ数日はずっとこんな感じ。
vrijemezasutra.jpg


こんな天気が反映してか私の心も波が立ちやすい状態ですが、
今日も1日ダルさを感じる1日になりそうです。
否定的な方向に視点が向かいそうな時ほど上手に気分転換しないといけないですが、
最近ハイペースでブログを更新しているのはそういった意味もあるのです。
(でも本来Upしなければいけない事がかなり抜けているかもしれない・・)

さて、金曜は陽に当たる貴重な機会を逃すまいと、近郊のレストランへ足を延ばしてきました。
レストラン所有の牧場で飼育されている羊達も、久々に草原でのびのびと草を食んだり、
日向ぼっこを楽しんでおりました。


maje2006.jpg

今年産まれた子羊と母羊 ぴったり寄り添っています☆

maje20062.jpg

ここにも親子数組、真中で一匹少し寂しげな子羊は手前の子と双子?
そうであれば、三代目マヤ(Maja)になる可能性高し
(※毎年双子で産まれた為に親から乳をもらえない子羊がいるのだが、
その子は代々マヤと名付けられ呼ばれて人工保育されている。)
私信で恐縮ですが、大ちゃん、新しいマヤちゃん(候補)が産まれたよ〜!!
またいつか遊びに来てね☆

maje20063.jpg
ここにも仲良し親子。子羊の目が笑っているみたい


majekrozteleido.jpg

お約束(?)のMic'in svijet kroz teleidoskop

今では私達が来ると反応してくれるのでより愛着を感じる羊達ですが、
そういえば最近国内数箇所でQ熱(羊からの感染が報告される病気
7月20日付のブログでも少し触れてます)が発生中なこともあり、
今回は遠巻きに見てるだけにしました。
他の感染症同様必要以上に恐れる事はないけど、
丁度感染が発見されている時期でもあるので念の為。

P.S.
結局この日記をUpしたのは夕方になってしまいましたが、
ついさっき今日の天気を見たところ晴れ間が覗くのは水曜以降になりそうです。

2005年08月10日

夏が往く・・

※気が付け1週間程お休みしていましたが、自分の記録という意味でも
後日抜けている日付の日記をUpする予定です。

===========

前回の日記の最後で数日後から最高気温が下がる、という予報が出ていると
お知らせしたのですが、
今日現在のボスニア国内各地の気温
(PBS BiHサイトより)

サラエボ 7℃
バニャ・ルーカ 11℃

サラエボ、17℃の間違いじゃないですよ。
8月なのに一桁ですよ  一ケタ 煤i-0-)

南部のモスタル、トレビニェでも16℃から17℃となっております。

実感として、夜は毛布2枚掛けて寝ないと凍えます。
完全パンツ装備になってから2ヶ月近くおねしょ無しだった息子が
ここ連日寝てる間にパンツを濡らしているのは
冷えが原因なのでは?、とダンナが分析(本当に関連があるのかは不明)

日中は屋外なら半袖でもOKですが、
暑さ真っ盛りの時期なら快適な室内だと
長袖のシャツを着てる位が丁度。
誰だよ クーラー無しでは欧州の夏は生き延びれないとごねた奴(怒)

でも、皆口を揃えて「今年の夏は短い」というのだから
いつもより暑い時期が短かったのだろう、と思う。

日本の立秋と時を合わせるかのように
このままボスニアの夏も秋の気配に押し出されていくのだろうか?
なんだか猛暑でもあり、冷夏でもある、半端だった今年の夏。
自分の気分的には日本の甲子園が終わるまでは夏が続く事だろうけど。

それにしても、日本はまだまだ真夏日だなんて、余所の惑星の出来事の
ようにすら感じてしまう、そんなお天気@ボスニア です

2005年07月28日

Antonio, Vruce mi je...

皆さんがお住まいの地域の気候を言葉で表すと暑い!ですか?それともあぢ〜?
私のイメージ的には前者がカラっとした暑さで、ジメジメした暑さなんですが
今日のデルベンタはまさに、あぢ〜という表現がピッタリの不快な暑さでした。
家から屋外に出た時の感覚はまさに真夏の日本に降り立って飛行機から
日本に足を踏み入れた瞬間、って言ったら分ってもらえます?
そんな私の頭にエンドレスで流れるのは楽園ベイベーbyリップスライム

どれも古くて恐縮ですが、「サマータイム・ブルースby渡辺美里」とか
「熱くなれ!by大黒マキ(←ごめんなさい 漢字不明)」とか熱唱して
暑さを乗り切る力はどこをどう絞っても出てきそうにはありません。
「スーパーチャンスbyカルロストシキ&オメガトライブ」あたりなら
完唱できるかもしれません。って誰も覚えてないですか??そうですか・・

本当はもっとシリアスな事を取り上げるつもりでPCを立ち上げたのに
今日は脳が溶けて寝るまで再起不能だった、という話になってしまいました(^^;)
ちなみに今日のボスニアは南部のトレビニェ、モスタルが36℃だったのを
はじめ、各地軒並み30℃を越える真夏日でした。
明日も引き続き猛暑な1日らしいです。いい気分(温泉)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。