2005年11月10日

事件です!

ここ1ヶ月の間にサラエボでテロ準備容疑の逮捕者が出たり、隣国クロアチアで鳥インフルエンザが発生したりと、事件簿ネタには事欠かないMic'o周辺ですが、今回は窓ガラスの向こうで起こった事件を証言者風にお伝えしたいと思います。

=========

10:00AM過ぎ

朝も日が明けぬうちからダンナの(いつもと同じ)ミスによる愛犬の逃走騒ぎに巻き込まれ寝不足気味だった私は、これまた早朝からの停電で家事が進まぬのを言い訳に、ぼんやりソファーに腰掛けて睡魔と闘っておりました。

視線を窓の外に移すと秋晴れのよいお天気。外では子ども達が遊んでいて賑やか、なんですが、いつものハシャギ声とは違って何やら緊迫した雰囲気。そのうち「こら、止まれ!」だの、とケンカと思われるやり取りが聞こえてきたと思ったら、続いて「パン!」と乾いた音が辺りに鳴り響きました。年末から新年に掛けて子供達が爆竹を鳴らすのはこの辺りのはた迷惑な風物詩ですが、シーズンにはまだ早い。ちょっと胸騒ぎがしたので、ソファーから身を起こし窓から外を眺めると、警官と走る男性の姿、そして向かいのアパートのバルコニーで取り乱しながら電話を掛ける女性の姿が飛び込んできました。
どうやら子ども同士の揉め事とは到底違う次元の事件が起こっている様子。

先程走っていった男性が戻って来て警察官のボディーチェックを受けていたものの、そのまま御用にならなかったところから察するに彼が容疑者ではないようです。窓の向こう側から様子を伺っているので、事の次第は彼らの様子から察するしかありません。
この男性や周辺の人々のジェスチャーから我が家とは反対方向にこの事件の鍵を握る人物が逃走している模様という事が何となく分かってきましたが、一体何が起こっているのかは相変わらず謎のまま。向かいのアパートの住人が何人かバルコニーに出て事の次第を見守っています。その中には知人の顔も見えたので状況を説明してもらいに行こうかと思ったのですが、何が起こっているのか分らない状況下でうかつに出歩くのもどうかと思い、何か動きがあるまでもう暫く窓から様子を伺う事に。
それにしても犯人が逃走していると思われる方角には保育園があるので、犯人が園児を人質に園内に立てこもるなんて事が起こりませんように・・

11:00AM

それ程緊迫した状況には見えないので、思っていた程大した事件ではなかったのかと思いきや、そのうち近所からぞろぞろと男性が集まってきました。そして我が家と隣家の前の芝生の上をうつむき加減で、片足で地面をトントンと叩きながら何やら探している様子。逃走した人間が何か落としていったのか、それとも皆慎重に探しているところを見ると何か爆発物でも見つかったのか?(それなら一般市民ではなく、警察の特殊部隊あたりの任務だろう)

状況が把握できないだけに現実にあり得ない事まで頭の中をよぎるのですが、皆一様に下を向いて歩いている光景を、何となくエサを探すニワトリの姿と重ね合わせてしまった私は不謹慎です(反省)

そんな状況が昼過ぎまで続いていましたが、そのうち我が家の門のあたりから事件が起こったアパートの端まで「捜索中につき立ち入り禁止」の黄色いテープで囲われてしまいました煤i-0-;)という事は我が家(正確には家の前)も事件現場ですか?現場ですよ、現場!しかも何が起こっているのか分らない現場から目と鼻の先にいるという事だけで不安倍増。

窓の向こうでは相変わらずニワトリ・・じゃなくて住民も参加しての捜索活動が続いていますし、警察官の数も増えています。これは近所の単なる揉め事とか愛憎のもつれ(?!)、というレベルの事件という事を確信。デルベンタ大情報網(=口コミ)を駆使してダンナ側にも何か情報が入っていればいいのですが、この日に限って奴は所用でベオグラードに出掛け留守。

このまま得体の知れない不安を抱えて動向を見守っているわけにもいかないので、立ち入り禁止テープの近くでヤジウマをしている少年達にでも探りをいれてみるか、と息子を連れて事件現場に面している裏庭に出ると、捜索に加わっていた近所の人が声を掛けてくれたので、これ幸いと事情を説明してもらうことに。
そして、明らかになった事件の真相は・・・

2005年10月12日

第3者は外に出せ!

昼過ぎにダンナが一時帰宅して「午後5時に石炭(薪と一緒に暖房の燃料とする)が届くから」というので、午後4時ちょっと過ぎに息子を連れて買い物へ向かいました。
インターネットの料金を振り込む為にまず郵便局へ向かったのですが、この方面に行く際にはよく利用する店の前を通る際に「先に買い物していっちゃおうかなー」という考えが一瞬頭をよぎりました。でも、この日は買い物リストにトイレットペーパーが含まれていたので、わざわざかさばるトイレットペーパーをもって坂を上り下りするの面倒くさいし、やっぱり当初の予定通り店には帰りに立ち寄る事に。

郵便局では待ち時間も殆どなくスムーズに手続きが終了しました。局に入る前にカトリック教会の鐘が鳴り響いていたので、多分この時点の時刻は16:30前後だったと思います。それから来た道を5分程引き換えして買い物する予定の店に入りました。まず入り口付近に置かれているトイレットペーパーを籠に入れ、店の奥に位置する乳製品や肉加工品が陳列されているコーナーへと進みます。

息子とプリンを選びつつケースに並べられたハムやチーズを担当している息子お気に入りのお姉さんを待っていたのですが、普段なら私たちがこのコーナーに向かうと直ぐに持ち場に戻ってくるそのお姉さんがやって来る全く気配なし。私達がここにいるのに気づかないのかと思い他の売り場担当の店員に誰か対応してくれる人を呼んでもらい、やっと例のお姉さんが登場したのですが、何だかいつもと様子が違う感じ。それで店内全体に何だかいつもと違った重い空気が流れている事に気づきまし
た。

お気に入りのチキン燻製ハムをケースから出してもらった後、お菓子コーナー経由でレジ方向に向かうと、レジでは店のオーナー(女性)と客が激しくバトル中。息子とお菓子を選びつつ聞き耳を立てていると(というより嫌でも耳に入ってくる>汗)、最初はお釣りの間違えでお金を返す返さない、というのが口論の理由なのかと思ったら、直にその客である女性が食品数点を万引きしたらしいという事が明らかになってきました。勿論容疑者である女性は罪を認めるはずもなく「家で子どもが心配しているから店から出せ」「出さぬ」の押し問答でバトルは益々加熱。でも、オーナーの言い分が「あんたを今店から出したら皆に私が万引きの濡れ衣を着せた嘘つきだって街中にデマを吹聴するつもりでしょう。だから出さないわ」って、あなたこの言い争いは万引きを明らかにするのが目的なんですか、それとも保身の為なんですか?
一体いつまで続くか分らないこのバトル、息子にとっても客とオーナーが罵声を浴びせ合っている中に身を置くのは良くない事ですし、私もさっさと会計を済ませて5時までには家に戻りたいけど、店唯一のレジは事体が収拾するまで次の会計が出来ない状態。「後で会計と荷物引取りに来ますから、籠の中の品物をこのままにしておいてください」と言い残して早々に店を出ようと何度思ったことか。でも、この状況下ヘタに外野から口出しできないし、私達が外に出るのを見計らって容疑者の女性が逃走する事も考えられるので(既にドアの前で押し合いが始まってるし)、これは状況に一区切りつかないと出られないな、と断念。

そしてついに両者の緊張は沸騰点まで達したらしく、オーナーはダンナさんを警察を呼びに行かせる事にしました。しかもオーナーは自分のカバンから鍵を取り出し、「ガチャリ」と店のドアを施錠してしまいました。ダンナさんが警察官を連れてきて事情聴取が始まったら私達は外に出られるのでしょうか?もしかして店内にいた参考人として私も事情聴取されるのかも??本当になんてタイミングで来店してしまったのでしょうか?こんな事ならトイレットペーパーのかさばりなんて気にせずに先に買い物をしておくべきだった、いやトイレットペーパーはあと1ロール残っているから今買う必要なんてなかったのかも。こんな最悪な環境の中でも幸い息子はおびえて泣いたりする事なく、黙々と値段付けをしている店員さんに声をかけてみたり、一応尋常じゃない事が起こっているのは理解しつつ彼なりに気をそらしていたようです。私も息子の関心を他に向けるために、店内の色々な商品を見せたりしてたのですが、そんな中パンナコッタの素を見つけ、予定外の買い物をする事になってしまいました。(^^;)無駄な買い物はともかく、誰が私達をこの状況から救ってくれるの?この世はまさに大迷惑(By ユニコーン)

そんな中ダンナさんが警察を連れずに店に戻ってきました。そしてまた「やった」「やってない」とバトルは1からやり直しです。幸い私達の会計もできるようになりましたが、支払いを済ませる間も両者の押し合いであやうく息子にまでぶつかるところでした。お人よしにも事体の沈静化を見守っていた私もさすがに「ちょっとあぶないでしょう!気をつけなさいよ」と口を挟みました。やっとの事で会計が済み、私達が外に出る為にオーナーがドアを開けましたが、「もめ事に巻き込んでしまってごめんなさい」でも「会計待たせてごめんなさいね」でもありません。まさか私達がバトルの傍らで楽しく買い物してると勘違いして、散々会計を待っていたとは思いもしなかったのでしょうか?「日本じゃないんだから、店員がペコペコカスタマーに頭を下げる事はないよ」とメンタリティーの違いを指摘されるかもしれませんが、日本人程容易に謝罪の言葉を口にしないとはいえ、こちらの人だって普通の感覚をもっていれば本当に他人に迷惑を掛けたり悪いと思った時には謝る位の事はします。
客とのトラブルなら事務所で当人同士気の済むまで話し合えば済む事で、他の客を巻き込むなんて客商売として論外ではないでしょうか?

この事件で大きく時間をロスした為、石炭が届く時間には間に合いませんでしたが、夫に支払いの際一応置き場所を指定するようにお願いしておいた事と、丁度お隣の人が外にいて説明してくれたようなので問題はありませんでした。
ちなみに石炭といえば、去年注文した会社は故意に注文の量(トン単位です)よりも少なめに配達したという事で多くの顧客を失いました。客商売は何より信用第一。客を大事にしない店や企業に未来はありえません。


2005年10月03日

やましい事はございません(笑)

日本では国勢調査が行われたそうですが、先日Mic'o家にも警察のガサ入れ、いや、ある調査が入りました。

来客を知らせるチャイムの音に、ドアを開けると門の向こうに警察官の姿が2人。
もう数年前の話になりますが、警察に御用になった男が自分の連絡先として勝手に我が家の住所を残していたとかで、その迷惑男の所在を確認する為に何度か警察の訪問を受けた事がありますが、今回の訪問の用件は私の所在確認。勿論、犯罪の容疑を掛けられているわけではありません(爆)外国人の滞在調査という名目です。

毎年数ヶ月単位で里帰りはしていますが、大半はボスニア、どころかデルベンタから出る事もなく、過ごしている私。滞在に関して全くヤマシイ事はないわけで、しかも現在は永住権も保持していますから(もう一度誤解のないように言っておきますが、永住権と国籍は別物です)鬼に金棒。外国人IDカードでもパスポートでもご希望のモノをお見せしますわよ、と大船に乗った気分で対応です。
その後、警察官サイドからは、夫と子どもの名前、初めてボスニアに入国(居住者として)した日、ビザの種類、家の持ち主といった事を質問されました。「ここに住んでいる上で困った事はないか」とか「日本とボスニアはどちらが住みやすいか」といった事も訊かれましたが、不便な事だらけでボスニア生活をスタートさせた事もあってか今の生活は多くを求めなければ強いて不自由な事として挙げる点はないし、どちらが住みやすいか?の問いに対しても「どちらの国にも片方にはない良さがあるし、ボスニア生活に関しては必要以上にセカセカする事がなく、精神的に余裕があるのが気に入っている」とだけ答えました。ちょっと優等生っぽい答えかな、とも思いましたが、国全体としては改善するべきだと思う事も多々あるけど、それは警察が改善できる事でもないし、彼らも特にこの国に対する意見を求めたのではないでしょうしね。

それにしても、今回は警察官2人組で来訪したのですが、この2人がまた絶妙なコンビで質問を受けながら時に笑いがこみあげてきそうになりました。いかにもまだまだ仕事に慣れてない警官と仕事がデキル警官のコンビ、しかも先輩後輩が逆転してる感じだったので・・

Mic'o「門の向こうから質問というのもなんですから、家に上がられます?」
警官1「そうだな、それでは・・」
警官2「そんなに時間をとらないのでこのままでいいです」

Mic'o「デルベンタも外国人の数が増えてきているのでしょうか?」
警察1「沢山いるね」
警官2「まだそんなに増えてません。20名位だと思います」

警官1「(私のデータが掛かれているノートを見ながら)生年月日は?」
警察2「それはデータとして既にノートに記載されています!」

警官1「(私が永住権を持っていると説明した後で)で、次のビザ更新は?」
警察2「さっき永住権を持っていると答えただろう。だから更新は必要ありません」
(正確に言えばパスポート更新の際に新たに永住権のシールを貼ってもらう必要がある)

私には警官1の方警官2より年配に見えたのですが、2の方が仕事のデキる警官に見えたのは年功序列に関係なく彼の方が警官1より外国人関連のセクションに関わっている時期が長いためなのかもしれないし、一概に警官1が後輩にうだつが上がらないとは言えないと思います。でも、警官2のように自分の仕事が分っている人がいると、既に警察側で把握しているデータも二重に訊かれて余計な時間も取られる事もないし、今ボスニア内を揺るがせている警察改革よりも、警察官のクオリティー向上に力を入れて欲しいと思うわけです。国境もそうだけど国内のあらゆる機関をマルチエスニック化するのがゴールではなくて、そこからどう仕事のクオリティーを高めていくのか、そこまでしていかないと意味ないんだから、というかそこが重要なんじゃないんですか。軍や警察のエンティティーの枠を外し国内の民族融和を推進させても、優秀精鋭な人材が集まってくるところか、民族に関わらず自分の仕事が十分にこなせない人ばっかり配置してたらどうしようもないんだから・・

本題から逸れましたが、調査といっても堅苦しいものではなく、時には笑いがこぼれたり、時にはしんみりしたり、と世間話に近いスタイルで、すっかりリラックスした私は「離婚しないかぎりはここに住んでると思いますから日本に逃亡してないか時々確認しに来て下さいね〜」などと冗談まで飛ばしてしまいました。これに対して警官2まで「日本人は武道が強いからご主人は大変だ」などと苦笑してるし。でも私、武道に関しては柔道3ヶ月しか経験ないですから(しかもダンナはキックボクシングのコーチしてますから〜)

ダンナの帰宅後警察の訪問について一部始終を話したところ、「そういう時には、ここぞとばかり思いっきりグチるのがここのやり方だ」とニヤリ。そういう彼は、日本滞在中訪ねてきた最寄の交番の警察官を家に招きいれた上、「京都のリンゴは名古屋(当時彼の身内が住んでいた)のリンゴより高いので、名古屋に行く度に一箱買って来ないといけない。」などど警察官に対して京都の物価の高さを延々語り続けたそうで、その後警察は二度と彼の家を訪れる事はなかったとか・・(汗)
上でも書いた通り、現時点では特記する程困っている事もないし、大した事無い事を針小棒大に語るのは時に見苦しさを感じる事もあるので、私の答えはこれでよかったのではないかと・・と納得していたら、1つ思いつきました。それは外国人IDカードの料金と有効期間。ボスニア国民より料金5倍で有効期間半分(5年)というのはあんまりではないかと・・しかもこれ警察の管轄なのできっちり苦情しておくべきだったな〜と今頃後悔しております。



2005年08月19日

停電×4

※8月16日、18日分の日記をUpしました

昨日の話なのですが、朝から夜に掛けて私が気づいただけで4度停電しました。ふらふらしかも朝と夕方5時台の停電を除いては、PCで作業中でした。
夕方の停電の際には、車に乗っていて停電に気が付かず(まだ明るいからね)
ガソリンスタンドで給油しようと思ったら一件目で断られて
「ガソリンがまた5フェニング(約3.5円)値上がりしたと思ったら、今度はガソリン不足かよがく〜(落胆した顔)」と
新オイルショックの幕開けに戦々恐々しておりましたが(嘘)、2件目のガソリンスタンドに立ち寄ったところで、単に停電の為電気ポンプが使えず給油できない事が判明いたしました。爆弾
日が明るいうちの停電は、もしかしたらそのうち水も出なくなるかもしれない、という事とメシ時に調理ができない、という事を除けば、それ程日常生活に影響はないのですが(あとPCも使えないから仕事の締め切り間際だとトチ狂うかも・・たらーっ(汗))、日暮れ後の停電を見越してロウソクとライターの場所を把握し、起こりうる断水に備え水のストックをも確認しておきます。
これぞ、備えあれば憂い無しですね〜。ホントは憂いが無い方がいいんですけど・・
案の定、日暮れ後の停電は夜9時過ぎに起こりましたが、ロウソクの灯りのもと、一家団欒、他愛も無い事を話しながら電気が来るのを待ちました。
svece.jpg

暇なのでSMSで近況報告がてらサラエボの友人に連絡すると、サラエボは普通に電気のある生活を送っている模様。我が家方面にはサラエボではなく、ドボイから送電されているみたいだけど、ダンナ曰く、停電はデルベンタ付近だけで起こったのではないかとの事。
1日1度や2度の停電というのは日常起こっても然程不思議ではないのだけど(冬場は特に)
4度というのは7年近く暮らしてる中でも経験した記憶ないかも。

自分の無知さ加減を露呈してしまいますが、停電後電気が来るとPCに電源が入るって事、つい最近まで知りませんでした。先日、目覚めとほぼ同時に突然PCの電源が入って、心霊現象?!と一瞬凍りつきましたから〜!!







2005年07月27日

スリの気配を感じたら・・

高級乗用車に軽く追突し、ぶつけられた車の運転者が車外に出たすきに、
ぶつけた側の仲間が車を乗り逃げする、自動車盗難の新手口を
「ごっつん盗」と呼ぶそうですね。
ところで、これ「ごっつんとう」という呼び方でよいんでしょうか?
気が動転してたら思わず「ご、ごっつぁんとうだ!」って口走ってしまいそうです。

それにしても、オレオレ詐欺だの、ごっつん盗だの、と次々と犯罪の新手口が
出てきますね。日本の情報をチェックしてなければ
帰省時にうっかり引っ掛かってしまうかも。
私も昨年だったか、購入してない化粧品が着払いでしかも旧姓宛てに送られて来たそうです。
親は私に確かめるまでもなく、受取拒否してくれたそうですが
もう結婚して5年も経っていたのに旧姓で、というのも随分古いデータを基に
送ってきたものですね(^^;)

幸いこの手の犯罪の被害にあったことはありませんが
ベオグラード滞在時代に、スリ未遂には遭遇した事があります。
いつも同様満員のバスに乗り込んだところ、何となくバッグのあたりが
モゾモゾとするので、そちらの方に少し視線を送ったところ
隣に立っていた若い男性が、自分のパーカーに何気なく私のバッグを巻き込んで
中を物色しているではありませんか!煤i-0-)
正真正銘、スリ行為の現場ライブです。がく〜(落胆した顔)


しかし、奥さん慌てる事はありません

なぜなら 私のカバンの中は
トレーニングで汗にまみれたTシャツ、ショートパンツ、靴下、タオル・・と
私の汗と涙たらーっ(汗)にまみれたもの満載だったからです。

奴のターゲットと思われる財布は上着で隠れるジーンズのポケットの中に
入れてあったので、どれだけカバンの中をまさぐられても
出てこないわけよ。

きっと「なんだ〜この妙に湿っぽいものは〜」と思っていたに違いありません。

ちなみにバックにお財布等貴重品を入れてある場合には
ショルダーとファスナーのあたりをしっかり握っておくとか
一応防犯になるだろう手段を講じております。

もういい加減にせーよ、と思い一発彼に向かって睨みを利かせたところ
大人しく手を引きましたが
被害は無かったとはいえ、行為自体は許すまじ!パンチという事で
バスを降りる際に、さりげなく後ろ蹴りを食らわしておきました。
間違って罪の無い人の足に蹴りが入っていない事を祈ります。(笑)

ボスニアに来てからは幸い満員の交通機関を利用する機会が少ない為
このようなケースに遭遇した事がありませんが
5、6年前程前、ダンナとサラエボを訪れた際に
ターミナル近辺でダンナから
「あの男性2人組、お前のバック狙っているぞ。気をつけろ」
と警告された事があります。

幸い現在のところ犯罪に巻き込まれた事はありませんが
カフェ等で座っている時やちょっとした瞬間でもバッグは体から離さない
この原則だけはいつも忘れないようにしています。

あ、でも、車からガソリンが抜き取られるというのは予想だにしてなかったかも・・がく〜(落胆した顔)

<追記>
犯罪(未遂)の事ばかり書き連ねてきたのでボスニアって治安が悪い国と誤解を
受けた方もいるかもしれませんが、治安に関しては今の日本なんかと比べたら
数段安全ですので、油断は大敵ですが、ナーバスになる必要は
ないと思います。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。