2006年07月19日

正統派(?)ヨーグルトの敗北

相互リンクしてくださっているYOKOさんのブログにセルビア料理の紹介をされている記事があるのですが、そのコメント欄で旧ユーゴにおけるヨーグルト事情に話が及びました。
日本ではヨーグルトは「スプーンで食べるもの」ですが、こちらでプレーンヨーグルトといえば飲む目的のものが大半です。フルーツ入りのヨーグルトはスプーンで食べますが、プレーンのものはブレク(肉入りパイ)やチェバプ(現地風肉団子)のお供に飲むというのが一般的。飲む前にシャカシャカっとシェイクしてグイっと飲むのがボスニア(旧ユーゴ)流です。

でも最近TVのCMでこんなヨーグルトを見かけました。

jogurt1.jpg

Danone(ダノン)社から発売されたACTIVIAです。
これは通常のヨーグルトと違ってスプーンで食べるタイプのヨーグルトらしい、という事で試しにちょっと大きめのスーパーに寄った際購入してみました。

口当たりは確かに日本でよく見かける某ブルガリアヨーグルト(琴欧州ブームは今いずこ・・)やナ○ュレといったプレーンヨーグルトによく似ていてる感じです。ちなみに現地にはKiselo Mlijekoと呼ばれる乳製品があり、直訳すると「サワーミルク」なのですが、旧ユーゴ出身の知人が来日した際このKiselo Mlijekoに最も似たものとして上記のプレーンヨーグルトを口にしていた事を思い出すとこのActiviaはこちらのヨーグルトよりもKiselo Mlijekoに口当たりが似ているのかもしれません。このKiselo Mlijekoは料理に酸味を加える為に使われる事が多いです。

私はこちらの飲むヨーグルトも嫌いじゃないのでたまに買って来ますが、時々は馴染みのあるタイプが食べたくなるもの。ACTIVIAを店頭で見かけるようになってからはこればかり買い物カゴに放り込むようになりました。ただ、私が住むデルベンタだと扱っている店舗が2箇所しかないので(もしかしたらもっとあったかもしれませんが)見かけたらまとめて買うようにしていたのですが、先日ACTIVIA取扱店の一箇所に立ち寄ったところ、ヨーグルト&プリンコーナーにおいてあるはずのACTIVIAが

ない!

実際にACTIVIAはあるのですが、いつも買っているプレーンタイプは賞味期限が数日切れているもの(汗)が1つ残されているだけで、品揃えが豊富なのはシリアルが入っているタイプ。ヨーグルトはプレーンしか食べないので、シリアル入りは選択外です。ガッカリ・・・

jogurt1.jpg

(プレーンタイプに台頭したシリアル入りACTIVIA)

後日私がACTIVIA好きなことを学習していたオットが嬉々として買ってきたのは、賞味期限切れのプレーンタイプ(いつまで店頭に並べておくんじゃ〜!!)とシリアル入りで輪を掛けてガックリorz

そして今日ACTIVIAプレーンタイプを扱っているもう一軒のお店に足を運んでみました。こちらの店の方が全てにおいて品揃えはよいし、きっと扱っているはずと希望をもって・・

しかし、小走りで駆け寄っていったヨーグルト売り場の棚に陣取っていたのは
ACTIVITAシリアル入り・・・orz

諦められずに近くにいた店員さんに「このヨーグルトのプレーンタイプはもう扱ってないんですか?」と尋ねたところ、扱っているのはもうシリアル入りのみなのだとか。

正統派プレーンヨーグルト、デルベンタ市場で敗れたり・・・(泣)

敗因は従来のヨーグルト(約30円)に比べ割高(約50円)である事とスプーンで食べるヨーグルトというのに馴染みが無かった事ではないでしょうか。Activiaを飲むヨーグルト同様シェイクして「なんだこのヨーグルト喉越しが悪いな〜」と思った人もいるかもしれません。そして上で述べたようにプレーンヨーグルトに似たものとしてKiselo Mlijekoの存在もありますしね。シリアル入りは更にお高め(約65円)なのでこちらも近い将来市場から消える可能性大と思われ・・・
今度YOKOさんが遊びに来てくださる時には「スプーンで食べるヨーグルト登場しましたよ〜」と教えようと思ったのですが残念でした〜。
でも大都市ではまだ扱っているお店があるかも。諦めるのはまだ早い!
(そこまでして食べたいか?>私)

ちなみに日本で販売されているヨーグルトで気に入ってたのは「ソフィール(プレーン)」と「牧場の朝」だったのですが、これらのヨーグルトも無加糖の酸っぱいヨーグルトに慣れ親しんだ今では甘すぎると感じるかもしれません。






posted by Mic'o at 06:11| Comment(9) | TrackBack(0) | BiHココロのメモ帳〔食〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

保存版(?)旧ユーゴビール名鑑

前回紹介したSarajevska Pivnicaで味わう事のできるSarajevsko Pivoが世界中のビールを紹介するサイトBeer trash Netで高い評価を得ているとの情報を得たので、早速同サイトに飛んでみる事にしました。

欧州からは43カ国から1169銘柄のビールが紹介&5段階のランク付けが紹介されていましたが、旧ユーゴからも多くのビールが参戦してましたよ〜。

国名、ビール醸造所、ビール名(太字)、ランク付け(☆5つが最高)、ビールの種類、アルコール度の順に紹介していきます。

exyupivo.jpg

我が家の近辺で入手できる旧ユーゴ各国のビール大集合☆
へぇ〜結構あるものなのね!
posted by Mic'o at 02:36| Comment(7) | TrackBack(0) | BiHココロのメモ帳〔食〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

執筆記事掲載のお知らせ&サラエボのビアホール

まずはお知らせからですが、清流出版から発行されている月刊誌「清流」内「世界の街角から」のコーナーに私のコラムが掲載されています。
今月発行分から3回の連載なのですが、第一回目のコラムでは「お酒」。アルコールに強いボスニアの人々の飲みっぷりやラキヤ(果物の蒸留酒)について紹介しています。といっても執筆した私はアルコール殆ど口にしないのですが・・

月刊「清流」は年間購読もしくはネットでのバックナンバー購入、そして今回のコラムに写真を使用させていただいたYOKOさん情報によると一部の大手書店での取り扱いとなるようです。ですので気楽にお手にとって、というわけにはいかないのですが、もしお近くに大手書店がありましたらのぞいてみて下さいね☆
ちなみに今月の「清流」は「熟年離婚」の特集(といっても離婚する前にもう一度考えてみよう、といった感じのようです)が組まれているそうなのでそちらに関心がある方もどうぞ。

清流出版のサイトはこちら
http://www.seiryupub.co.jp/
(月刊「清流」のページはサイト右側のアイコンからどうぞ)

それから写真を提供してくださったYOKOさんのサイトの方でも今月号の「清流」の件紹介してくださってます

http://jokotak.exblog.jp/2701891/


「清流」でお酒を話題にさせて頂いたということで、もう1つボスニアのアルコール事情つながりのお話を。
ボスニアにはSarajevko Pivo(サラエボ)、Nektar Pivo(バニャ・ルーカ)、Tuzlansko pivo(トゥズラ)などの地ビールが店頭に並んでいますが、Sarajevsko Pivoを製造しているSarajevska Pivaraが経営するビアホール「Sarajevska Pivnica HB」がこの度海外のある旅行雑誌に高い評価を受け、「世界レストランのTOP82(何故82?)」の一軒として紹介されたそうです。
私も5月の出張の際にクライエントの方々と行く機会があったのですが、これまで持っていたビアホールのイメージとかけ離れて洒落た感じの店内。肝心のビールは確か生で3種類飲めたと思うのですが(私は飲まないので・・)、雰囲気の割りにはリーズナブル料金でおつまみや食事も楽しめます。
2階立てのつくりになっているのですが、1階ではボーカルやピアノの生演奏が行われていて雰囲気があるし、2階からも下が見下ろせるようになっています。そして帰り際にお店の方がVIPルーム(?)にも案内してくれて、なかなかあなどれないビアホール。帰り際にはお土産にSarajevsko Pivoのロゴが入ったグラスなども購入する事ができます。

私もクライエントの方の前を失礼して一枚だけ写真を取らせて頂きました。
ビアホールの内部はこんな感じ

sarajevskapivnica.jpg

こちらの記事でもビアホールの写真が御覧になれます
http://www.putuj.ba/?a=putuj&id=663

今回このSarajevska PivnicaHBが紹介されたのは「Conde Nast Traveler」という雑誌だそうで、お忍びで訪れた際のサービス、雰囲気、食事の質等が評価されたそうです。世界で82本の指(?)に入るかどうかは疑問としても、サラエボを訪れた際には街中のカフェだけでなく、一度はここでアルコールと雰囲気を堪能するのもよいかと思います。
場所はバシュチャルシア(旧市街)からミリャツカ側を挟んで向かい側。多分Franjevacka通りにあったと思いますがまた確認しておきます。

posted by Mic'o at 18:02| Comment(9) | TrackBack(0) | BiHココロのメモ帳〔食〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

いちご三昧

ボスニアに住んでいて良かったと思うのは、生鮮食料品がリーズナブルな値段で手に入る事ですが、ここ最近でイチゴの値段も下落したようで、気が付けば冷蔵庫の片隅をイチゴが陣取っています。
何故「気が付けば」なのかというと、私はイチゴやさくらんぼといった春に出回る果物を殆ど食べない為、もっぱらいちごを手に帰宅するのはダンナだから。
でも、イチゴに関していえばケーキ等に入っているものは食べられるので、今日は午後からやって来る客人のためにイチゴロールケーキを作ってみました。

rollcake.jpg

生地を巻く際にイチゴを均等に入れなかった為、余り見栄えは宜しくありません(汗)

jagoda.jpg

粒揃いのイチゴ達


jagodateleido.jpg

久々のmic'in svijet kroz teleidoskop

ちなみに現時点のいちごの価格は1Kgあたり日本円にして150円〜200円位です。一粒の値段じゃないですよ〜

2006年05月12日

W杯を食べよう part2

息子にまんまと風邪を移され体の節々に微妙な痛みを感じているMic'oです。
しかしいくら熱っぽいとダンナにグチをこぼした所で、所詮微熱しかないので取り合ってもらえないのが悲しいところです(元々低温なので微熱でもツライのです)
嗚呼、デート中に発熱した私をアパートの2階までお姫様抱っこで運んでくれたのも今はもう遠い過去・・・(遠い目)

過去を嘆いていても仕方がないので、おいしいものでも食べて体力つけましょう!
(そしてますますお姫様抱っこから遠のく私・・--;)

以前「W杯を食べよう」と称してJ-ヴィレッジで行われた、ドイツサッカーW杯で日本と対戦する国(クロアチア、ブラジル、オーストラリア)の家庭料理を紹介するバイキング企画を紹介しました。
http://bhkakera.seesaa.net/article/11768950.html

そして今回「W杯を食べよう 第2弾」として御紹介するのは

「ベビースター ワールドラーメン クロアチア サルマ味」babystarsarma.jpg

(画像は今回トラバさせて頂いた「Yu's dayori」の管理人 ゆずるさんからお借りしました)

サルマというのはクロアチアをはじめ旧ユーゴ各地で食べられているお米と挽肉が入ったロールキャベツのことで、使われるキャベツも普通のものではなく、冬の保存食としてポピュラーな酸っぱいキャベツ(kiseli kupus)を使います。

sarma.jpg
(サルマの写真は「つーらんバァ」をリンクさせて頂いているばぁちゃんからお借りしたものです)

以前某ラジオ番組に出演した際このキャベツについて話したところ、番組を担当していた島○和歌子さんに「それ腐ってんの?」と突っ込まれましたが(汗)、腐っているというよりは発酵しているというのが正解。私は一度だけチャレンジした事がありますが、大雑把に作り方を説明するとキャベツの芯をくり貫いたところに塩を詰め、水を入れたバケツにキャベツを入れて発酵させるという手順を踏みます。(お水は何度か取り替えた記憶があります)

私は当時のお隣さんに教えてもらった(というより殆どやってもらった>汗)のですが、検索するとキャベツを刻んでから塩で揉むというやり方もあるようで、各家庭で仕込み方も違ってくるのかもしれません。

この酸っぱいキャベツについては、よく「酢漬けキャベツ」という紹介がされるのですが、実際のところは酢につけて酸っぱくしているのではないという事が分っていただけたかと思います。

キャベツの説明はここまでにして、肝心のベビーワールドラーメンのお味はどうなのかというと、ずばりコンソメ!だそうです。
確かにこの周辺国の料理の味付けはベゲタと呼ばれる(※国によって商品名は異なります)野菜の粉末コンソメがベースになる事が多いので、コンソメ味でも大きくハズレではないけれど、当たらずも遠からず・・といった所なのでしょうか。
まあ、私自身口にする機会はないでしょうから、評価は皆さんの判断にお任せします。

それにしても、昔からベビースターラーメンは類似品のラメックに比べて高いなーと思ってましたが(まあ、量も多かったけど)、今は70円前後もするんですね!
これはW杯便乗料金なのか、それとも量も倍増しているのか・・
チ○ルチョコも今は20円のものが多いみたいだし、今駄菓子屋さんに100円握ってお買い物に行ったらどれだけのものが買えるのでしょう・・

べビースターワールドラーメン以外にもW杯対戦国の味を堪能(?)できる商品などみかけたら情報頂けると嬉しいです。


<追記>

YOKOさんのコメントにSarma od zeljaが出てきたので、サルマの種類についてもう少し説明を加えたいと思います。

・Sarma od kiselog kupusa
ザワークラフトのサルマ→上記でも紹介した最もポピュラーなサルマ
・Sarma od vinovog lisca
ブドウの葉のサルマ
・Sarma od zelja
青菜のサルマ
・Sarma od slatkog kupusa
(発酵させてない)キャベツのサルマ

2005年08月17日

(元)ガールズトーク&水と食べ合わせが悪いのは?

夕方、ダンナの元・教え子Dが遊びに来た。

現在大学生の彼女は高校時代ダンナが開講していた日本語クラスに参加してくれてた子で、休みで帰省すると時々我が家に顔を出して、日本語のおさらいをしたりする。
しかし、彼女も大学生ながら兄弟の子ども達のベビーシッターに駆り出される事が多いだけあって、話のテーマが日本語から育児にシフトしている事も多い。

「私も勉強とか色々やる事があるからベビーシッター引き受けるのも大変なんだけど、親の方は仕事から戻ってきたらクタクタだし、奥さんは家事もあるし、やっぱりその上での育児ってシンドイと思うんだよね〜」って、20代前半の遊びたい盛りに何て兄弟思いな事だ・・(感涙)

今回の話題は↓でも紹介した28日前後の祭りの事にも及んだのだけど、彼女も余りお祭りに心が弾まない、という事で一致。祭りという行為自体はキライじゃないんだけど、その為に日常生活に支障がでるのは我慢できないのだ。普段支障がなければ「この数日位・・」と寛容な気持ちにもなれるものだろうけど、毎日多少なりの支障がある上に、更に、となると気分もゲンナリだろう。まあ、そういった不便な部分もひっくるめて楽しめるのが生活の達人なのだろうけど。この7年間でかなり腹が据わった部分も大きいけど、それ程大したレベルの問題ではなくて、つい人前でグチりたくなる事もある。でも、グチっていると思わせる反面、実は「もー、しょーがない状況だな〜!」と皆で一緒に笑い飛ばしてしまいたいという気持ちもあって、自分の腹の中に貯めておけるような事もわざわざこうして文にしているのかもしれない。

話が少し横にズレたけど、お祭りの話の延長でとうもろこしの話題が出て、私はここで缶詰以外のとうもろこしを口にした事がなかったのだけど、Dは親戚の家でとうもろこしの収穫をする際に茹でてもらえるとうもろこしが好きなのだと言う。そこで、私が「そういえば、昔とうもろこしを食べた後は水を飲んだらいけないって言われてた記憶があるよ」と教えると、Dは果物と水、特にリンゴは食べ合わせが悪いと教えられてきたらしい、という事が判明!
食べ合わせの相性って色々言われているけど、本当のところはどうなんだろう?
ついでに文化の相性も知りたいところ
posted by Mic'o at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | BiHココロのメモ帳〔食〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

日本と余り縁がない人の日本食セレクション

日本食レストランどころが、日本食材専門に扱っている店など皆無なボスニア。
(サラエボで怪しい鉄火巻だかを出すレストランがあると聞いた事はあるけど、真相の程は不明)
世界的に知名度が上がっている醤油や豆腐も、サラエボ辺りだと扱っている店があるものの、まだまだ一般的には試した事がない人が大半なのではないだろうか。
時々海外在住の人が寿司を初めとする日本食体験談を嬉々として語ってくれる事はあるけどね。

先日、欧州某国在住のダンナのイトコG女が大きな袋を抱えて我が家の門の前に立っていた。
丁度彼女のお姑さんがウチの近所に越して来たばかりなので、きっと新生活に必要な品を持ってきたんだろうな〜と思ってたら、
「これさ〜日本食材か自信がないんだけど、色々買って来てみたんだ〜。
と日本食材@彼女の推定がズッシリ詰まった袋を私に突き出すではないか!煤i-0-)
彼女は忙しいから、といってコーヒーも飲まずに姑の下へ慌しく去っていったのだけど、
袋の中身はというと
japanskahrana.jpg
こーんなものが満載だった!!

japanskahrana3.jpg
ローマ字で「中華そば」。麺の太さは私の好みに見事ジャストミート!

japanskahrana2.jpg
これまでおすそ分けいただいた日本食史(?)上初登場です。ガリですよ ガリ

チョコチョコっと韓国系や東南アジア系の食材も混ざってたのは本当ご愛嬌なんだけど、彼女が日本食を見つけるにあたって基準としたもの、それは
sushi.jpg
この写真の食材に共通するもの、何でしょう?


それは 寿司 スシ SUSHI でございます。
↑の写真ではちょっと分り図らいかもしれないですが、わさび(粉末・チューブ)、寿司用の米、ガリといったラインナップになっております。
でも具にするものがない・・んじゃなくてねパンチ(←自分に鉄拳)
予想外の日本食材以上に嬉しかったのは、
実は彼女、その数日前に車で延々20時間近く掛けて滞在国に戻ったんだけど
諸事情でボスニアにとんぼ返りしてくる事になってしまった。
仕事の引継ぎやら、私の日本食なんて買出してる余裕なんてなかったはずなのにも関わらず、日本食ビギナーにも関わらず一生懸命日本食(らしきもの)をチョイスしてきてくれた事が嬉しいんですよ。もうやだ〜(悲しい顔) 
こういう気配りっていうのは、自分も母国の食べ物に対する郷愁を普段感じてるから私の事もほっとけなかったのかもしれないけど。

以前にも、私が体調を壊した時に「やっぱりおいしい米がないとね!」と次回帰省した際にイタリア米を持ってきてくれたダンナの友人、妊娠中にツワリがひどくてやせ細っていく私に帰省の度にインスタントラーメンを差し入れてくれた知人夫妻(厳重な外出制限はあったものの、塩分制限はなかったので美味しく頂きました)、日本人は「ショウユ」というソースものを使うらしいと言う事で実際には全く違うソースだったんだけど試しに「これは?」と思えるものを買って来てくれた知人・・殆ど日本食どころか私以外に日本との接点は無い人達なんだけど、現地の言葉やメンタリティーと時に格闘しつつも、1人の住民として生活を送ろうとしている日本人の私が少しでも快適にここでの生活を送れるよう、見慣れる食材の前であれこれ物色してくれてる姿を想像すると心からありがたいなーと思うである。だからこそ、日本食でお腹も心も満たしたらまた心機一転ガンバロ〜!!という気分にもなれるんだよね。


でも、ボスニア料理も美味しいんですよ☆

posted by Mic'o at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | BiHココロのメモ帳〔食〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

正直なのはいいけれど・・

Mic'o宅@合宿継続中ですが、今朝、合宿参加者が隣国に遠征した為
中休みに入りました。
しかし、若いってのはいいですね。
皆さん朝6時半起きでもテンションやけに高いです。
そしてうちのダンナもハイになってます。
こちらは若さではなく、高血圧の為せる技です。
というより、6時半って全然早くないですか。そうですか・・・

ところで合宿中は食品の消費速度が加速するのと
何かとリクエストが多い為
1日に2、3回買い物に出るのは当たり前。
ダンナが贔屓にしている店は品数は豊富なものの
店の経営者夫婦に至近距離で挨拶しても大抵シカトされるので
(但し店員のお姉ちゃん達は親切&愛想良し)
そんな店の売上には貢献してやらん(▼▼)!!と
少々坂の上り下りがキツイものの、まとも対応を受ける店に流れております。

しかし、合宿者のリクエストの品によっては敬遠している店の方にも
出向かなければなりません。
まあ、店主さえいなければ割と気持ちよく買い物が出来る店なのでいいんだけど。
肉も鶏肉だったらこの店でも入手できるし。
でも、店主の他に問題なのがこの店の品物の鮮度。
昨日、キウイを見つけたので1パック買おうかと思ったところ
「キウイはないの」という店員のおねえちゃん。
だって、その棚にキウイ置いてあるじゃん、と指摘したところ
「そのキウイは鮮度が落ちているので売れない」のだという。
(私の視線より上の方に置かれていたので鮮度までチェックできてなかった)
以前、プロシュートをショーケースに見つけて注文した時にも
同じく「古いから売れない」と断られた。
売れないのなら、何故売り物として棚に並べておくのだろう?
鶏肉に関しては、見た目すっごく鮮度悪そうだなと思ったら
賞味期限が一週間前に切れてたり、とか
入荷した後に冷凍していたのかもしれないけど
1ヶ月前のものを発見した時には絶句した(@0@)
それ以来、肉はやっぱり肉屋で買う事に決めた。

分らないから売ってしまえ、と思わずに正直に申告してくれるだけ
良心的といえば、良心的なのだけれど
やっぱり売れないものは無駄に陳列しておかずに、古いものは廃棄
そしてどんどん新しい商品を補充して回転をよくするべきよね。



実は後日新聞で・・・
posted by Mic'o at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BiHココロのメモ帳〔食〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。