2005年11月24日

乗る「前」からイタリアです(爆)→追記あり

夕方帰省前の親戚回りに出掛ける直前、一本の電話が入りました。
電話に出たダンナが二言三言相手と会話を交わした後、振り向きざまに

「明後日のフライト、キャンセルだって」

・・・orz

旅行会社のお姉さんによると、理由はまだ分らないけどこの日のフライトだけキャンセルになっているとの事で、明朝また振り替えの便が決まったら電話をくれるとの事でした。(忘れるなよ〜)

天候不順でキャンセル決定するには時間が早すぎるしストライキの線濃し・・とネットで検索したところ、本当にストライキでした。しかも

全航空会社によるストライキ 12:00〜16:00
イタリア国鉄のストライキ 9:00〜13:00
公共の交通機関のストライキ

とストライキ3本立て。
これらの予定は10月から発表されていたようで、完全に私の作戦負けでございます(T^T)

アリタリアのキャッチフレーズが確か「乗った時からイタリア」だったと思うのですが
これじゃ「乗る前からイタリア」ですよ(笑)まあ、事前に連絡が来ただけまだマシですか?
アリタリアのアバウトさを逆手に取ってマニュアルに捕われないサービスを期待する事にしていたのですが、次回(があったら)間違いなくダンナから「アリタリア利用禁止令」が出る事でしょう。
私の過去2度の帰省ではいずれも私が利用する便の前の便(午前、午後各一便づつあったら午前の便)がキャンセルになる、という事が続いていたので3度目はもろに自分がキャンセルの憂き目にあってしまったのでしょうか?やっぱり厄のせいかな〜

という事で、出発(予定)前日にも関わらず、まだ出発時間さえ、というか出発できるのかさえ不明な状況です。続報はまた後ほど・・


昨夜はキャンセルの振り替え便が気になる余り(心配の余り、ではなく)よう眠れませんでした。
まだ連絡もこないのに、振り替え可能性がありそうな航空会社やフライトスケジュールを検索してみては、「あーこの会社だったらいいな〜」と既に振り返られた気分に浸ってみたり・・
肝心のアリタリアは本来希望していた26日のフライトに予約時点から空席がなかったので、もし同社内で振替があるなら、25日に時間前倒しでスト時間帯に引っ掛からない早朝7時発のミラノ便に回されるか(何時に家出ればよかとですか?)、もしくは2日待って27日の便で機上の人になる、というのが私の予測でした。

今朝目が覚めてからも頻繁にネット接続し「Check My Trip」(予約したチケットのステータス等が確認できる便利なサイト)で自分の予約状況を確認しながら旅行会社からの電話を待っていたのですが、ステータスの状況は常に「○○(←忘れた)不能」に変化はないし、他社への振替だって当日の各会社の空席状況を見ながら調整するのかもしれないし、結局明日フライト予定だった時間に空港へ行くしかないんじゃないかな〜と思い始めた頃、旅行会社からの電話が。

何と、予約時点からエコノミーは満席だった26日のフライトへ何なく振り返られたようです。

仕事を持つ双方の家族の事情から土曜発で日曜着というのが理想であったので、26日に飛べる事になったのはまさに「棚ボタ」なのですが、仕事の性格上必ずしも日曜に休みが取れるわけでない父はこの日が休日出勤だという事が判明し(事前に申請すれば交代が効くらしいですが)、また明日にならないと代休が取れるかどうか分らない状態です。まあ、仮に休みが取れなくても荷物さえ送ってしまえば自力で実家まで辿り付けそうなので、フライトキャンセルに比べれば問題ではありません。
一方、土曜出発になった事でダンナの方はザグレブの友に招集を掛けて、もれなくデルベンタ人会Inザグレブ空港が開催される事でしょう。ま、色々な機会にかこつけてなかなか会えない友人に会って頂ければ私も嬉しいし。

この記事の前半パートをUpした時点で頂いたChiharuさんのコメントに「何故ストが予定されている日のチケットを販売するのか」という素朴な疑問がございましたが、それに関連して26日の便(エコノミー席)が早々に満席になっていたのはもしかしたら25日のストでキャンセルにフライトから振り返られるのを見越してある程度の空席をキープしていたのでは?という考えが湧いてきました。
よもや自分の便がキャンセルになるとは思わなかった頃は23日の休日を挟んで旅行に出た人の帰国ラッシュの影響なのかと思ってましたが、満席の便になぜ振り替える事ができたのか、と考えるとやっぱり「ストキャンセル用空席」が確保されていたと考えるのはあながち間違いでもないような気もするのですが、そこまでアリタリアが用意周到だったらそれ以前にストを回避するでしょうけどね(爆)








posted by Mic'o at 09:13| Comment(11) | TrackBack(0) | intermezzo(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ、イタリアで交通機関のストライキ?!
私の友人が今夜エールフランスでイタリアへ発ってるはずなんですが、明朝ミラノに到着した時にはどうなるんでしょう?空港から市内へタクシーくらいはあるんですかね?しかも、天気予報じゃ雪らしいし・・・。なんか最悪な旅になりそうで可哀相。
ところで、Micoさんのフライトの方はどうなるんですか?
日本だったら、旅行会社が別の航空会社でのフライトを確保してくれるんですけど、ボスニアじゃそんなこともないんでしょうか?どうせなら、アリタリア以外で帰れるといいですね。
Posted by YOKO at 2005年11月24日 23:27
私がこの3月に一時帰国したときはルフトが悪天候で急遽キャンセルになって、振替便を用意してくれましたが・・・(それはそれであとあとエライ目に遭ったんだけど) ストだとそうは行かないのかな。
ところでAlitaliaといえば思い出すのがこれ。
「Always Late In Time, Always Late In Arrival」 すごーく昔に読んだゴルゴ13の中の一節・・・
てか、スト計画してるなら座席受注するなよ、ちゅう話じゃないですか・・・?
Posted by Chiharu at 2005年11月25日 01:04
うぅぅ、、、いろいろ用意しているMic'oさん、
早くイタリアの地に着くとよいですね〜〜(>_<)
わたしは去年、アエロで行きました。
きっとアエロもアリタリアと似たり寄ったり
なのだと思います〜(・Θ・;)アセアセ…
早く次のフライトが決まるといいですね♪
Posted by miochka at 2005年11月25日 02:34
>YOKOさん

ストライキも交通手段によって時間帯等異なるようですが、もしかしたら少しだけお友達の方の移動にも影響が出てしまうかもしれませんね。

フライトの方は追記にも書きましたように結局1日遅れのアリタリアに振り替えてくれました。(密かに他の会社に振り替えてくれればいいな〜と期待してたんだけど・・)でも、チェックインも済まさぬうちにこれだけイタリアを味わったので、こうなったらとことんイタリアらしさを楽しませていただきます(笑)

>Chiharuさん

Chiharuさんのトラブル覚えてますよ。国内線を含め本当に大変でしたよね。
天候不良は航空会社側も不可抗力とはだけど、ストは会社側の責任であって乗客はそのとばっちりを食っているわけだから、もしそれで振り替えとかしてもらえなかったらストの後は乗客の暴動が起きますよ(汗)
今回は幸か不幸か事前に変更が分ったので心構えができてよかったですけど。

ゴルゴ13は読んだ事ないですけど、件のセリフはアリタリアに搭乗した事の中ではよく知られているようです。(関連サイトの何箇所かで拝見しました)これまでアリタリアで遅れたりキャンセルといったトラブルに巻き込まれた事がなかったのですが、そちらの方が逆に珍しかったのかも。
ストが分っていてもとりあえず予約入れさせておけ、というのがラテンぽさなんでしょうかね〜?ケセラセラ

>Miochkaさん

ダンナに「もしかしてアエロあたりに振り替えられたりして(^m^)」と言われた時は、それだけはやめて〜!!と叫んでしまいましたよ。昔ほど期待もヒドくないという話も聞きますが、モスクワの空港(トランジット部分)の雰囲気が苦手です。アエロは乗った事ないんですが、かつてはオーストリア航空がモスクワで一旦給油かなんかしてたので、空港だけ体験した事があるんですよ。

おかげさまで1日遅れとなりますが、無事日本まで辿りつけることになりました。でも、無事成田に着くまではやっぱり安心しきれない気持ちも・・(汗)


Posted by Mic'o at 2005年11月25日 04:50
やってくれましたね・・・。
上でChiharuさんも書いてらっしゃいますが、ストの計画を10月の時点でしているのなら、チケットを取る際に一言あっても良かったのでは、と思います。
何はともあれ、最初の希望通りの便に乗れることになったのは良かったですね。
日本到着まで、快適なフライトになりますように・・・!!
Posted by イエティ at 2005年11月25日 05:02
おおっ?!まだボスニアでしたね。「気をつけていってらっしゃ〜い!」と書こうと思って覗きに来たら…こんなこともあるのですね。大変!!!でもフライト決まって良かったぁ。明後日には日本のご家族に会えますね。

イタリア…まだ行ったことないです。これからもしAlitaliaを利用するようなことがあったら、ゴルゴ13の台詞が、即、浮かんでくると思います。

とにかく日本を楽しんできてね〜^^/~ご主人とリキ君には、お留守番楽しんでもらおうね。

PS:あのトリビアは…私のことじゃないと思うよぉ^^;ぜったいMic'oさんのことだよ。先方の大いなる勘違いだと思います。(って何の事でしょう…ココに書いてゴメンね^^)
Posted by わはは大空 at 2005年11月25日 11:29
心配でしたね。ともかくフライトが確保できて良かった、良かった。
アエロの件ですが、うろ覚えなんですがシーズンオフで7万円台だったと思います。ここからだとソフィアのほうが近いので、ソフィア着でした。

どうぞ長旅、気をつけてください。
Posted by snow62 at 2005年11月25日 17:02
>イエティさん

電話で確認させていただいた例の件が一件落着〜とホッとしたのも束の間、今度はキャンセルって・・・ホントにトホホな旅路のスタートです。
ストの日程が詳細に決まっているのなら可能性位示唆してくれてもいいだろう、というのは同感だけど、サラエボの2箇所の代理店で何も言われなかったので、もしかしたら末端まで情報が伝わってないのかもしれないね。ちなみに今回はCentrotransでチケット購入したんだけど、centrotransってバス会社のイメージが大きいからちょっと意外。っていうか私も隣のUNISと間違えて入ってたので、入ってからcentrotransだって気が付いたんだけど(汗)
でも、対応はよかったですよ☆

>わはは大空さん

まだボスニアからのレスです(笑)でも、出発前に分っただけよかったかな、と。今ザグレブ空港の運航状況を調べてたら、同じアリタリアでもストライキ決行時間にひっかからず予定通り出発予定だったフライトが予定時間を2時間過ぎた現在も待機中みたい。このままだとストライキ時間に突入して、このフライトもキャンセルになるような気がします。あ〜、明日はストの憂き目に遭って怒り心頭のお客さん多いことだろうな〜(^^;)その分サービスがいつもより良くなってるといいんだけど。

トリビアの件ですが、結局私と大空さんの話がどこかで合体して「中国語を操る謎の日本人像」が形成されたのではないかと思います。これで私とあなたは一心胴体・・なわけないか。妙なこと書いてすみません

>Snow62さん

飛行機乗るのは好きだけど、子連れでバタバタしたくないし、正直2回以上乗り換えのあるフライトでも振り分けられたらちょっと辛いな〜と思ってたのですが、1日遅れだけで済んでラッキーでした。あとはアリタリア恒例ロストバゲージさえなければ、と。

ソフィアのケースは分りませんが、自分の経験や他の方のお話だと、日本では高いエアラインもこちらでは逆にアエロより安かったり、という事もありますし、1ヶ月FIXだと色々お得なチケットも出てきますから、出発までにまたお得なのが見つかるかもしれませんよ。東京ーソフィアまではモスクワで1泊せずに行けるのでしょうか?

Posted by Mic'o at 2005年11月25日 18:17
東京、ソフィアまでモスクワに一泊しないでも行けるんですよ。でも前回は子供連れなので一応ホテルをとりました。ところが、ところが成田からの便が大分遅れたので、当日乗り継ぎ予定の人たちも、みんなホテルに泊まる羽目になっていました。ホテル代一人9千円も掛かったのに、損した感じでした。そうそう、アエロを選んだもうひとつの理由は夫のトランジットビザが要らないこともありました。明日はスムーズに事が運ぶように祈ってますね。
Posted by snow62 at 2005年11月26日 06:08
Snowさん レス遅れてごめんなさい

今回私達が利用したミラノからのフライトも3時間ばかり遅れました。その分食事券をもらえて、しかも夜出発になったので子供が日本到着寸前まで寝ててくれたので楽でした☆

トランジットビザ、乗り換えだけなのにどうして必要なんだー!と思いますよね。確かドイツやイタリアは要らなかったと記憶しますが、チケットが安くてもビザが必要じゃ申請するのが面倒なので、少し高くなってもビザいらないとこ選んじゃいます。
Posted by Mic'o at 2005年12月01日 15:12
無事日本に着かれたようで、安心しました。それにしても息子さん寝てくれてよかったですね。子供連れの旅行は神経使いますもの。
日本での滞在じゅうぶん楽しんできてください。
Posted by snow62 at 2005年12月08日 06:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9737620

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。