2005年11月16日

10days to go

正確には10日を切りましたが、今月25日に一時帰国します。

帰省に利用するエアーはアリタリア。独身時代はユーゴに行く際に何度か使った事がありますが、当時の日本人FAの横暴な態度に「もう絶対使わない!」と決心してから10年程アリタリアを敬遠していました。

でも今回は接続の良さと値段の安さにひかれてのチョイス。なぜなら、いつも帰省に利用しているオーストリア航空やルフトハンザは料金自体はそれ程でもないのに(3ヶ月FIXで750EURO位)空港税やらその他の経費で約200EUROが加算されるので、大人が1人約1000EURO+息子が約750EURO(3歳のくせに大人の75%も取られる)に跳ね上がるのです。
その一方でアリタリアはチケット代+αで約780EURO(子ども約620EURO)と2人分の総額を合わせても上の2社に比べると300EURO以上もお得なのです。でも、アリタリアのサイト上で検索すると150EURO位安いのは、ネット購入だとチケット発券料が発生しないからなんでしょうか?その辺り少し疑問なのですが、サラエボの旅行代理店数箇所で同じ値段を提示されたので、ボスニアで購入すると一律でこの値段なのでしょうね。(ちなみにチケットはサラエボではなくザグレブOUT/INです)
日本行きは希望していた土曜日のフライトを押さえられなかったので前日の便に予約をいれましたが、帰りはトリノオリンピック期間中の土曜日にも関わらず問題なく2席押さえる事ができたので満足です。

トリノオリンピックと聞いて「一体Mic'o達はどの位日本に滞在するつもりなの?」と思われた方もいるかと思いますが、今回の帰省は約2ヶ月半です。長すぎですか?(笑)でも、子どもが生まれてからは夫の了承の下チケット有効期限のギリギリ(大抵約3ヶ月)まで滞在するのが恒例になってるし、特にボスニアの冬の寒さは余りにも厳しい為、今年初めの帰省の際も離日間際に夫から「最近の寒さは普通じゃないから、チケットが変更できるんだったらもう少し日本に残っていた方がいい」と勧められた事があり(結局1ヶ月FIX&変更不可だった為予定通り離日)、冬はなるだけ日本で過ごした方がいいかな、と言う事もあります。
越冬(?)が目的ならば12月末から3月までというのが理想なのですが、我が家は2月の中旬にSlava(各家庭の守護聖人の日)という大事なイベントを控えているので、年末から年始を挟んでの期間の帰省になってしまうのです。しかも子どもが学校に入学したりすると、そちらの行事なども絡んで来て帰省の予定を組むにも更に条件が厳しくなるでしょうし、今のところは自分の希望通りに帰らせて頂く事にします。というより帰れるうちが華という気もしますけど(^^;)

さて、出発まであと僅かとなりましたが、あと一週間余りで日本の地を踏むという嬉しさとか興奮といったものが全く込み上げてこないのは、旅行とは違って日本で待ち受けている事がここでの生活の延長上にあるからかもしれません。勿論一年近く会っていない身内や友人達の顔を見れるのは嬉しいのですが、2ヶ月の大半は家庭で過ごす面子は変わるものの1日の生活の流れ自体は多分変わらないし。でもそれが決して不満なのではなく、淡々とした生活の中に見出すささやかな楽しみや喜び、発見などを楽しみにしています。まあ、長い帰省生活最初から興奮しすぎると途中で息切れしそうなので、無意識のうちに自制しているだけなのかもしれません。

帰省のお知らせをするだけなのに、長々と書き連ねてしまいました。
題して「『モノより思い出』ツアー」開始までこちらのブログの方も何度か更新したいと思いますので宜しくお願いします。

posted by Mic'o at 17:26| Comment(14) | TrackBack(0) | intermezzo(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1日早まったのですね。
そちらはもう寒いですか?
私は今日仙台に戻りましたが、ご実家のあたりは今紅葉がとてもきれいで、公園などは色とりどりの菊の花(スプレー菊っていうんでしょうか?丈の低い茂みに小さい花がぎっしり咲くもの)が満開で、とてもきれいでしたよ。
お会いできるのを楽しみにしています!!!
Posted by デベラ at 2005年11月17日 02:04
ごめんなさい。25日はこちらを発つ日で日本に到着するのは26日です。

この時期の仙台というと真っ先に大学受験を思い出します。大学は仙台ではないんですけど、地方受験したので。本当は東京でも距離的に余り変わらないんですが、仙台の方が受験人数が少ないので落ち着いて試験に臨めるかな〜と仙台を選択しました。
大学の他にも留学の試験も仙台で受験して見事合格したので私にとって仙台は縁起のいい街なんですよ
(^^)うろ覚えで申し訳ないんですが、河合塾から確かまっすぐ行った所にある、店内からちょっとニンニクの匂いがただようおいしいスパゲティー屋さんってまだあるんでしょうか?(こんな説明じゃわかんないですよね、多分・・)

また帰国後改めてメールOR電話で御連絡したいと思いますが、こちらもお会いできるのを楽しみにしています☆状況によって会う場所も異なってくるかと思いますが、もし、実家付近で会えるとしたらどこがいいかな〜などと今から色々考えたりしてます。でもあの街必要以上に面積が広いので、なかなか選択が難しいかも・・
Posted by Mic'o at 2005年11月17日 02:30
Mic'oさんが「帰国」っていうと、日本に?ボスニアに?って一瞬迷ってしまう私です。

年に一度そうやって長期に帰省できるのって理想ですね。 いいなぁ〜。 私もこっちでそれなりの仕事ができるようになったら・・・と思うけど、実家に戻っても父しかいなんじゃぁな〜。 結局家事担当になるだけだったりして。

モノより思い出、ほんとその通りですよね。 日本でおいしいものいっぱい食べて、新しい日本ネタも仕込んできて下さい。 どうぞお気をつけて!
Posted by Chiharu at 2005年11月17日 06:55
ボスニアに帰国というのも自分の気持ちとしては全く間違いではなく、日本を離れて寂しい反面こちらに戻って来て顔馴染みの面々と再会すると「帰ってきた〜」という気分になるんですよね。あとTV番組とか(笑)
Chiharuさんも最近仕事を始められたようですし、年一回の里帰りも夢ではないと思いますよ。私は今のところ定期的に帰ってますけど、これがいつまで続くかは分らないですね。帰れる場所と条件がある間はできるだけ戻りたいなーと思いますけど。

元々凄く物欲がある方ではないんだけど(実はモノより食欲かも>爆)、買い物に散財する程財布に余裕があるわけでもないし、同じお金を使うんだったら友人に会いに行ったり、子どもと色々出掛けたりそういう事に使いたいな〜と思って。たくさん楽しい思い出作って帰って来たいです☆
日本からも情報発信するので、また遊びに来てくださいね。
Posted by Mic'o at 2005年11月17日 07:25
こんばんは、Micoさん
先日は、私のHPへご訪問いただきありがとうございました。
もうすぐ日本に帰国されるんですね。滞在は、ご実家の方だけですか?もし東京に何日かいらっしゃることがありましたら、是非ともお会いしたいところなんですが・・・。
日本での滞在記も楽しみにしています。
Posted by YOKO at 2005年11月17日 23:22
このブログでは初カキコありがとうございます☆

日本では実家での生活がメインになりますが、東京の方にも出る予定があるので、お会いできるチャンスがあるといいな〜と思います。
サイト上でプライベートな事をUpするのは控えているので、もしよかったらtagjug@hotmail.comの方に御連絡頂けますか?

ブログの方にもまた気楽に遊びにきて下さいね♪
Posted by Mic'o at 2005年11月18日 03:38
おはようございます^^出発の準備で忙しい毎日でしょうねぇ。

日本の冬、存分に楽しんで来て下さいね^^そして今回の飛行機では素敵なFAさんに会えますように。(何故に料金がそんなに違うのでしょうね)子連れ一人長旅、とっても大変だと思いますが、Mic'oさんの旅のレポート楽しみに待ってますネェ!
Posted by わはは大空 at 2005年11月18日 10:49
いや、それが実家に帰るという気軽さから前の日に荷造りすればいいやと(汗)着替えとお土産位だし。むしろ大変なのは帰りですよ〜!!!離日一週間前から荷物の詰め方で頭一杯ですから。しかもスーツケースのスペースないのに、ラストミニッツで更に買い込むし・・(--;)まさに行きはよいよい、帰りはなんとやらですよ。

今回利用するアリタリアも賛否両論あるんですが、ラテン系のいい加減さを逆にマニュアルにとらわれないサービスと逆の発想で捉えておこうと思います。サービスに定評がありそうなエアラインでも不親切な乗務員の人いますからね。最後に利用したフライトは「所詮飛行機なんてエアーのバスよ。目的地まで着けばそれで十分」とまで思ってしまったのですが(話しましたっけ?)、とはいっても「この人にサービスしてもらって良かった」と思わせてくれるFAさんに出会えるといいな〜と思います☆
Posted by Mic'o at 2005年11月18日 11:51
あと一週間程で帰国ですね。楽しんで来てください!こっちに移り住んでから冬日本に帰った事がないんですよ。記憶の中の実家周辺の雪景色なんて年々おぼろになっていってます。(う〜ん、年のせいかも・・・爆)
来年日本に里帰りするので、ボスニア行きは再来年を計画しています。ボスニアの過ごしやすい季節っていつ頃ですか?今回9月下旬〜10月上旬に訪問したのですが、気候の変化から体調を崩してしまい、旅の日程は何とかこなしたもののあまり楽しめなかったので次回は気合を入れて行きたいと思ってます!
Posted by ヤパンカ at 2005年11月19日 09:50
私も数年間は夏に帰省していたんですが、最近の日本は猛暑続きだし、寒い時期に日本で過ごした方がいいんじゃないかという事で前回から冬の帰省に切り替えました。でも、夏に戻ってた時には日本の冬が懐かしく感じられたけど、今は日本の夏の雰囲気も捨て難く・・と言ったらキリがないし、そんなに頻繁に帰れませんが。(というかこの定期的な帰省もいつまで続けられるやら・・>汗)

ボスニアの過ごし易い時期って本来は春から秋に掛けてなんだろうけど、最近はどの季節も天気が変わりやすいのでズバリこの時期って難しいです。でも緑の美しい季節にいらっしゃれるといいですね。
Posted by Mic'o at 2005年11月19日 16:44
日本への帰省、たっぷり楽しんでくださいね。日本のご両親も今頃ウキウキされているでしょうね。私もできるだけ長く日本に帰りたいと思ってはいるんですけど、現実は。。。いつも駆け足状態です。それどころかかなり浦島太郎な私ですので、日本からのアップもたのしみにしています。
Posted by あさこ at 2005年11月20日 16:26
1人、もしくはダンナとの帰省の時には1ヶ月いるかいないかだったんですが、子どもが産まれてからはダンナも「ゆっくりしてこいよ」というので、彼と両親に甘えさせてもらっています。まあ、両親ともまだ現役で仕事をしていて平日の日中はなかなか孫と遊べないというのも長期滞在の理由なのですが。

日本からも、このブログ上、もしくは別にブログを設けて(その際はこのブログにリンクします)、帰省中ネタUpしますので、また遊びにいらしてくださいね。


Posted by Mic'o at 2005年11月21日 22:20
もうすぐ帰国ですね。私たちは来年の春、私の運転免許の更新にあわせて帰国する予定です。一家4人なので毎年の帰国は無理なので、慎重に準備したいと思ってます。アリタリア、以前より良くなってるといいですね?前回、懲りていたにもかかわらず、アエロフロートを使いまた懲りるはめになりました(値段に負けた)。アリタリアの感想聞かせてください。日本からのブログも楽しみにしています。母子ともどもお体に気をつけてください。
Posted by snow62 at 2005年11月22日 06:07
私も免許更新が来夏なので本当はその時期に帰国すればよいのですけど、色々考えるところもあって今の時期に帰る事にしました。海外在住等の理由がある場合は確か失効後6ヶ月まで普通の手続きで切り替えができると思ったので、もし来年冬に帰ったらそのときでもいいかな〜と思って。それ過ぎちゃうと違反者同様2時間の講習を聞かないといけなくなっちゃったりでて大変なので(失効3年過ぎると学科試験なんかも受け直しらしい・・)、できるなら更新期間に切り替えがベストですけどね。

Snowさんご一家は春に帰省されるのですね☆今からもう色々楽しみにされているのかな?ルフトやオーストリアだとザグレブやサラエボは約700EUROからとかなり値段も下がってきてますが、ベオはまだそれほどリーズナブルではないのかな?(もしかしてソフィア発ですか?)今年初めベオ発着で帰省した際には1ヶ月FIXで699EUROでしたよ。諸経費入れるともう少し高くなっちゃいますけど。ちなみにアエロはお幾らですか?
Posted by Mic'o at 2005年11月22日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。