2005年10月30日

Iftar box

10月14日付のブログ(「ラマダンと正月がやって来た!」)でも紹介しましたが、現在イスラム教徒の方々は断食月(ラマダン)の真っ最中です。但しボスニアでは全てのイスラム教徒の方々が断食を行っているわけではないようで、ラマダンの1ヶ月間気合を入れて断食を行うお嬢さんがいるかと思えば、状況によって断食を免除されている人々もいるし、「俺はタバコがやめられないから(確かラマダン期間の日中はいかなるものも口にしてはいけないはず)」といった理由で初めから断食を行わない人もいて、ラマザンに対する意気込みは人によって様々。以前ラマザンの時期に入った仕事の日程に訪問先での昼食が組まれていたのですが、食事を共にしたイスラム教徒と思われる現地女性は「私のボスはラマダンをする必要がない宗教の方なので・・」という理由で会食の席に同席していたようです。この時は日本側のクライアントの方がラマダンの事を気にしていたので尋ねましたが、普段は親しい間柄であってもこちらから積極的に質問するのは少々気が引ける項目ではあります。

さて、前述のブログでは「Iftar=日没」としましたが、単に日没ではなく「断食後(日没後)の食事」を指すのが正しいようで、ある女性雑誌の予告にも「Iftar za 10 minuta(10分で出来るイフタル)」という見出しがありました。食事といえば、以前某航空会社に勤務されていたはびびさんのブログにラマダン中の機内食について紹介されていました。イスラム圏にフライトを飛ばしている全ての航空会社がそうなのかは分りませんが、彼女の会社ではラマダン期間中「Iftar Box」なるものが配られていたそうです。これは断食の時間終了後に食事が取れるようにとフルーツや飲み物などがパックされたものとの事ですが、こういったラマダン仕様の機内食がない会社を利用するイスラム教徒の方は日中の機内食どうしているでしょうか。Iftar Boxはなくてもイスラム教徒用の特別食をリクエストできる会社は多いでしょうから、ラマダン期間中にイスラムミールのリクエストが出た乗客の方にはIftar Boxに似たサービスがあるのかも知れません。それにしても断食にちなんだものだけではなく、フライトの目的地や客層によって独自のサービスや光景を目の当たりにするのは非常に興味深いですね。残念ながら私が主に利用する欧州系の航空会社ではその会社(乗客層)ならでは、というのが余り見られず残念なんですが、日本発着便では日本食が出たり、途中でおにぎりやカップラーメンのサービスがあるのは少数派の外国人乗客にとってはこの路線ならでは、と新鮮にうつるのでしょうか?

さて、先日もイスラム圏に在住の方と話していて一口にイスラム教徒と言ってもそれぞれにお国柄があるな〜と感じたのですが、はびびさんが滞在されていた国では異教徒の人も外での飲食は出来ない一方で、ここボスニアではイスラム教徒の多い首都・サラエボでもたまに「ラマダン中は日没以降営業開始」というカフェは見かけた事はあるものの、そこまでの制限はないようです。
この記事へのコメント
一言で何々教といっても、国や民族が異なれば違いがあるんですね。ヨーロッパにいると食事など日常生活で、そこに配慮しないといけないことがありますね。以前勤めていた会社の取引先(インド資本)は
ベルギー料理を中心とした洋食・インド料理・ベジタリアンとレストランを3つ社内に設けていましたし、目の前で開けた新しいミネラルウォーターしか手をつけないジューイッシュの方、お湯しか飲まない方など、結構戸惑いました。シーフードだと、ヒレのついてるものは食べてはいけないとかいろいろあるようですが、機内食にもそんなシステムがあったんですね。また新しい「へぇへぇへぇ」(あれ、そっちでトリビアってみれますか?)が増えました。
Posted by でべら at 2005年11月02日 02:06
確か明日ラマダンが終わるんですよね? 主人のムスリム友達は絶食と言うより、何か一つ絶つ人が多いです。(ほとんどの人はお酒絶ちだけ) 女性(それも若い)の方が絶食に燃えてるように思えるのは、きっとダイエットが絡んでるからだと友人は言ってます。私も彼女達のお供をした方がいいんだけど・・・。(笑)
サラエボは、今度ボスニアを訪問する機会があったら是非一泊して市内をくまなく探索してみたい、とても興味深い街だと思いました。もちろんデルベンタにも立ち寄りたいです。
Posted by ヤパンカ at 2005年11月03日 10:57
>デベラさん

こないだ仕事でご一緒した方がルーマニアの正教に精通されていたのですが、その方と正教の話をしていた時にもルーマニアとこちらの正教ではお祝いする祭日が異なっていたりと(確かルーマニアは名前の日を祝うけどこちらでは祝わない、とか)色々と違いがあって興味深かったです。そういえば、仏教だって宗派間で色々と違いがあるし奥が深いです。

多国籍の方が勤務されているようなところでは食事を提供する方も大変気を使う事でしょうね。ここで生活している分で気をつけるのはムスリムの方への豚肉、アルコール(飲まれる方も多いですが・・)くらいですが、サラエボの国際機関が入っているビル内でカフェテリアを利用した際にハラルミートと表示されたスープがあって驚きました。

「トリビア」はJSTVに加入していれば観れるんですが、我が家は加入してないので音声だけ聞く事ができます。音だけでも楽しめますが、「それでは実際の○○をご覧下さい」という時だけ置いてきぼりを食らった気分です。お金払ってないからしょうがないんですけどね(^^;)私もデベラさんもトリビアに80へぇ〜をさしあげます☆

ところでデベラさんは今年の冬ひ○○沿線に里帰りされる予定ありますか?私は正月を同沿線上の実家で過ごすのでもし機会があったらお会いできればな〜なんて思ってます。

>ヤパンカさん

そうそう、やっとラマダン明けですね〜。ムスリムの方々にお祝いのSMS&電話をしなければ。
ご主人のお友達はアルコール断ちですか?ってことは普段は飲まれてるんですね(笑)他の国のイスラム教徒の方は分らないですが、ボスニアでは「俺達はヨーロピアン・ムスリムだ〜^^」とか言ってお酒を嗜まれる方もよく見かけます。
女性が積極的に断食を行う理由、納得です!知人のお嬢さんはめちゃ気合いれてたんですが、そっかダイエットするには最適の理由ですね。でも、夜にドカ食いしたら効果薄ですけど・・(汗)

サラエボは1日あれば十分なんていう声も聞きますが、訪れる度にその魅力にひかれていく感じがします。次回はゆっくり滞在されて街の雰囲気を堪能できるといいですね。デルベンタも特に何もないですが(笑)バニャ・ルーカ方面に行かれる際には是非遊びにいらして下さい。お待ちしております☆




ハラルミート
Posted by Mic'o at 2005年11月03日 21:36
私もぜひお会いしたいです。ミッシュ君にも!
(HPの方でクリクリヘア拝見しました。かわいい、の一言につきますね。)年末年始の計画はまだ決まめておりませんが、Mic'oさんのご予定が決まり次第ご連絡いただければと思います。長旅でお子さんもご一緒だと前もって日定を組むのは難しいと思いますので、日本に帰られてから携帯の方に連絡いただければ、と思います。連絡先って、HPの下にあるアドレスでよかったでしょうか?
Posted by デベラ at 2005年11月03日 23:30
いつだか夫がラマダン中に体重が増える人が多いなんて言ってましたけど、本当でしょうか。
兄嫁もセルビアの断食にかこつけてダイエットしましたが、結果は逆に増えてました。本人は実に納得がいかないようでしたが。

以前良く飛行機ではベジタリアンを頼んでました。ベジタリアンではないんですけど。一番にサーブしてくれますし、フルーツもたくさん出るのでお勧めです。
Posted by snow62 at 2005年11月04日 06:45
割と長めの滞在になるので日程の方はなんとかなると思います。本当にお会いできる機会があると嬉しいな〜☆メアドはデベラさんのおっしゃる通りHpに載せているものでOKですので、またお時間がある時にでも御連絡いただけるとありがたいです。




Posted by Mic'o at 2005年11月04日 08:34
ごめんなさい。↑のコメント、デベラさん宛てです。

>Snow62さん

やっぱり一度にドカ食いするから体重は増えるんじゃないかな〜と思います。断食の後は軽いものから徐々に食べるべきなんだそうですけど、ブログでも触れた「10分クッキング」で紹介されてたレシピはチラッと見ですがチェバプチッチやらムチュカリッツアやら、そんな油こいもの突然食べたらあかんやろ!ってものばかりでした。それじゃ太るのも納得。
正教の断食は痩せるのはともかく体の中をキレイにするのに効果的ですよね。数日やっただけでもなんか体が軽くなった感じがします。

機内食も色々バリエーションがあるので、今度の帰省の際私も何か特別食頼んでみたいな〜と思います。ベジでも色々あるみたいなので何にしようか楽しみ☆ちなみにチャイルドミールのデザートは大人向けより美味しかったですよ。子どもが爆睡してたのでつい手をつけてしまいました(笑)

Posted by Mic'o at 2005年11月04日 09:00
そうなんですよね、ボスニア出身のムスリムはお酒をガンガン飲みますよね。(笑)上のコメントに書いた「ムスリム」のみなさんはボスニアの人達です。中にはラマダンの間、豚肉絶ちをしてる人もいて、オイオイ・・・って感じですが。(笑)コソボ出身のアルバニア系ムスリムの方が、厳格な様な気がします。
そちらでは「ヨーロピアン・ムスリム」って言うんですか? こっちでは「パートタイム・ムスリム」って言ってます。
Posted by ヤパンカ at 2005年11月05日 00:02
お酒断ちはまだしも、豚肉断ちですか・・いや、でも厳格なムスリムの方にとってはどちらもNGなはずですから比べるのがナンセンスなのかもしれませんが、でもラマダンを行う意義って食事等を断つ事で無い人の痛みを知るというような事だったと思ったので、人それぞれであっても趣旨に合っていればよいのかと。

私が実際にこちらで聞いた事があるのはヨーロピアン・ムスリムでしたが、移民されている方などが「パートタイム・ムスリム」という呼称を使っているというのも伝え聞きした事はあります。日本では「なんちゃってムスリム」とか、言いませんかね?!


Posted by Mic'o at 2005年11月05日 03:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8813726

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。