2005年07月23日

日本とボスニアのかけら

※今日はリンクさせて頂いているvonnoelさんの
『あなたの「日本」、私の「日本」』にトラバしております。

世界も広いけど、日本も狭いがその中は実にバラエティーに飛んでいるよな〜
と思わせていただいたVoonoelさんのブログですが、
同国人同士話が盛り上がる中、時折何となく違和感を感じる事、私もあります。
メールや会話でお互い海外生活を愚痴っていたりすると必ず出るセリフ

「日本だったら・・・・ですよね〜」

でも、同意を求められても「そう、そう、そう!」って首を縦に
ブンブン振れない瞬間に出くわすと思う。

日本を離れて長いので、浦島状態に陥っているわけではないのですよ(笑)

年々日本の何処に住んでいても同じサービスが受けられるようになってきているし
情報だって、TVやネットで即座に最新のものが入手できる昨今。

でも、地域性っていうのは全国一律にする事はできません。
全国津々浦々から集まってきた人達が「日本」の話だからといって
満場一致できないのは当然の事ではないだろうか。

仮に私が住んだ事のある地域で日本を語るとしたら、
どうなるだろう?

「日本にいたら毎日取りたてのお魚が食べられるのにね〜
 日本にいたら冬は雪は殆ど降らないし、ダウンジャケットなんて無用の
 長物よね〜
 日本にいたら市内に子どもと大人がが楽しめる施設が周辺に
 何箇所もあるから、 車さえあれば 家で子どもと2人で
 煮詰まった生活をしなくていいのにね〜」

考えてみると中学生以下の子どもと住むには環境がいいかも・・(笑)
いや、そういう事を言いたいんじゃなくて、
私達を取り囲む環境や人々を日本の標準として話は出来ないって事。

日本であれ、現在私が住むボスニアであれ
私が目や耳にしている事の1つ1つはその国を形づくるカケラなのであって
身の回りに落ちているカケラしか寄せ集めていても
決して全体は見えてこない。
自分にとって身近なカケラだけ拾っていれば、本当は楽な事は百も承知。
でも、全体像を知り、語りたいのであれば
時には鋭い破片に指が傷つく事があっても、それが真実ならば
敢えて他の場所に落ちているカケラを拾い集めに行く事も辞さない。
でも、客観的にみても余りに一方的でイビツな情報で
固められたカケラだったら拾おうと思わないけどね・・

カケラを集めれば集める程、その形が正確に見えてくるはず
この先の人生、私はどれだけのカケラを拾い集められるだろうか

posted by Mic'o at 22:05| Comment(4) | TrackBack(0) | intermezzo(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンク&感想ありがとうございます。私の周りの人間は関東人が多くて、季節の話題にも「ドイツの方が暖かいのになあ」って思う事が多々ありました。最近のブログ登場の元ドメのスッチーも言ってましたが、日本は四季があるから一日でいろんな季節に出会える。冬だと特にそうですよね。
Posted by von Noel at 2005年07月23日 22:43
早速のコメントありがとうございます☆
うちの身内が先日まで北海道に住んでおりましたが、色々とカルチャーショックを受けていたようです。(ザンギ?とか茶碗蒸しとか)

客室乗務員として日本の空を飛んでいると1日でいろんな季節が出会えるって本当ですね。極端な話同日に羽田−札幌−沖縄なんてフライトスケジュールが組まれてたら、一体ここは同じ国内なんだろうか?と考えてしまいますよね。
ちなみにボスニアも北部と南部では微妙に天候が違ったりしますよ

Posted by Mic'o at 2005年07月23日 23:00
私もこちらで同じような経験あります!
「日本だと・・・」に続く言葉。
出身が違ったり、また、同じようなところでも世代や家庭環境によって違ったりとかもありますものね。

1つの物事に対する考え方は個人によって様々なワケで、極端に言えばみんな独断と偏見で生きているようなもんですしね・・・^^;
その中で、自分と異なる考え方・見方にどれだけ耳を傾けられるか、そういう姿勢でいるか、ということが大切なんではないかと思います。
Posted by みいちん at 2005年07月31日 12:45
相手の話に傾聴したり、共感したりするのは大事ですが、余り相手に同調過ぎると客観的な判断ができなくなりますし、様々な感情を抱えつつも、心のバランスを取りながら話を聞くというのは難しいですね。
色々な場でボスニアや日本について話したり書いたりする機会がありますが、1つを知って全てを知ったように語らない、感情的にならない、あくまでそれは自分の知りえる範囲の事というのを忘れないようにしています。
Posted by Mic'o at 2005年07月31日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5309923

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。