2005年07月11日

Don't forget..

この日、世界中のメディアの注目を集めたボスニア東部の街・スレブレニツァ。
国連軍(オランダ)軍が駐留する「保護地域」だったこの街で、セルビア人勢力に
より8000人を超えると言われるムスリム人男性が虐殺されてから今年で10年を迎える。
その追悼式典の様子は日本の某TVニュースでも割と長めに取り上げられていた。

このスレブレニツァには昨年冬、取材の同行で訪れる機会があった。
幾つかのトラブルが重なって、場の雰囲気が悪くなっていたという事も
あったのだけど、自分にとっては、これまでのキャリア
(といってもそれ程あるわけではないが)の中で
2番目にハードだったと言える程、窮地に立たされた1時間半だった。

詳しくは↓をご覧下さい。

http://www.chugoku-np.co.jp/hwpm/series/Hw05021101.html

最後に私がデルベンタ在住だと言う事を告げると
1人のおばあさんが、「私はドボイ出身だよ。あんたとは隣人だね」と
声を掛けられたのが一番の救いだった。
(注:デルベンタとドボイはお隣同士)

スレブレニツァから車で3時間近く離れた首都サラエボの街中には
壁一面に「DON'T FORGET SREBRENICA」と書かれている。
確かに、スレブレニツァの悲劇を忘れてはいけない。
そして、決して繰り返されてはならない。

しかし、犠牲者の数やその悲惨さに関わらず
国内で隣人同士が銃を向け合った悲劇が二度と繰り返されてはならない。

どの民族にも悲しみの涙が枯れる事はない・・
「DON'T FORGET SREBRENICA」
「DON'T FORGET BOSNIA AND HERZEGOVINA」


posted by Mic'o at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BiHココロのメモ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。