2006年07月19日

正統派(?)ヨーグルトの敗北

相互リンクしてくださっているYOKOさんのブログにセルビア料理の紹介をされている記事があるのですが、そのコメント欄で旧ユーゴにおけるヨーグルト事情に話が及びました。
日本ではヨーグルトは「スプーンで食べるもの」ですが、こちらでプレーンヨーグルトといえば飲む目的のものが大半です。フルーツ入りのヨーグルトはスプーンで食べますが、プレーンのものはブレク(肉入りパイ)やチェバプ(現地風肉団子)のお供に飲むというのが一般的。飲む前にシャカシャカっとシェイクしてグイっと飲むのがボスニア(旧ユーゴ)流です。

でも最近TVのCMでこんなヨーグルトを見かけました。

jogurt1.jpg

Danone(ダノン)社から発売されたACTIVIAです。
これは通常のヨーグルトと違ってスプーンで食べるタイプのヨーグルトらしい、という事で試しにちょっと大きめのスーパーに寄った際購入してみました。

口当たりは確かに日本でよく見かける某ブルガリアヨーグルト(琴欧州ブームは今いずこ・・)やナ○ュレといったプレーンヨーグルトによく似ていてる感じです。ちなみに現地にはKiselo Mlijekoと呼ばれる乳製品があり、直訳すると「サワーミルク」なのですが、旧ユーゴ出身の知人が来日した際このKiselo Mlijekoに最も似たものとして上記のプレーンヨーグルトを口にしていた事を思い出すとこのActiviaはこちらのヨーグルトよりもKiselo Mlijekoに口当たりが似ているのかもしれません。このKiselo Mlijekoは料理に酸味を加える為に使われる事が多いです。

私はこちらの飲むヨーグルトも嫌いじゃないのでたまに買って来ますが、時々は馴染みのあるタイプが食べたくなるもの。ACTIVIAを店頭で見かけるようになってからはこればかり買い物カゴに放り込むようになりました。ただ、私が住むデルベンタだと扱っている店舗が2箇所しかないので(もしかしたらもっとあったかもしれませんが)見かけたらまとめて買うようにしていたのですが、先日ACTIVIA取扱店の一箇所に立ち寄ったところ、ヨーグルト&プリンコーナーにおいてあるはずのACTIVIAが

ない!

実際にACTIVIAはあるのですが、いつも買っているプレーンタイプは賞味期限が数日切れているもの(汗)が1つ残されているだけで、品揃えが豊富なのはシリアルが入っているタイプ。ヨーグルトはプレーンしか食べないので、シリアル入りは選択外です。ガッカリ・・・

jogurt1.jpg

(プレーンタイプに台頭したシリアル入りACTIVIA)

後日私がACTIVIA好きなことを学習していたオットが嬉々として買ってきたのは、賞味期限切れのプレーンタイプ(いつまで店頭に並べておくんじゃ〜!!)とシリアル入りで輪を掛けてガックリorz

そして今日ACTIVIAプレーンタイプを扱っているもう一軒のお店に足を運んでみました。こちらの店の方が全てにおいて品揃えはよいし、きっと扱っているはずと希望をもって・・

しかし、小走りで駆け寄っていったヨーグルト売り場の棚に陣取っていたのは
ACTIVITAシリアル入り・・・orz

諦められずに近くにいた店員さんに「このヨーグルトのプレーンタイプはもう扱ってないんですか?」と尋ねたところ、扱っているのはもうシリアル入りのみなのだとか。

正統派プレーンヨーグルト、デルベンタ市場で敗れたり・・・(泣)

敗因は従来のヨーグルト(約30円)に比べ割高(約50円)である事とスプーンで食べるヨーグルトというのに馴染みが無かった事ではないでしょうか。Activiaを飲むヨーグルト同様シェイクして「なんだこのヨーグルト喉越しが悪いな〜」と思った人もいるかもしれません。そして上で述べたようにプレーンヨーグルトに似たものとしてKiselo Mlijekoの存在もありますしね。シリアル入りは更にお高め(約65円)なのでこちらも近い将来市場から消える可能性大と思われ・・・
今度YOKOさんが遊びに来てくださる時には「スプーンで食べるヨーグルト登場しましたよ〜」と教えようと思ったのですが残念でした〜。
でも大都市ではまだ扱っているお店があるかも。諦めるのはまだ早い!
(そこまでして食べたいか?>私)

ちなみに日本で販売されているヨーグルトで気に入ってたのは「ソフィール(プレーン)」と「牧場の朝」だったのですが、これらのヨーグルトも無加糖の酸っぱいヨーグルトに慣れ親しんだ今では甘すぎると感じるかもしれません。






posted by Mic'o at 06:11| Comment(9) | TrackBack(0) | BiHココロのメモ帳〔食〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヨーグルトといったら、グ○コの朝食りんごヨーグルトでしょう^^(太るの困っているんですが…好きなものは好きなのです♪)

ちなみに、これドバイにはありませんToT

でも各国津々浦々から来た、いろんなヨーグルト売ってあります^^ドボイでは、高かったのですが、チョコシリアル入りのDAN@Nのもの(だったと思う…)が実は一番のお気に入りでした。この会社、ヨーグルトのプレーンの味がまろやかで好きなのですよ。シリアル入りも、結構イケル…かも^^;

全然話が変わりますが、『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』手に入れました^^面白くて、ふむふむ…と読み進みました。日本人が外国語学習に不得手なのは、…だからと言った力士の言葉に「そうだなぁ!」と自分、英語出来ないの棚に上げて、頷いちゃった^^;例のもの、日本語も出来てなくて…許してねぇ〜!
Posted by わはは大空 at 2006年07月19日 09:57
再び頭痛の日々だったので久しぶり〜♪梅雨で暑さが緩んできて快適であります。
牧場の朝は娘の大好物だよ。日本では生クリーム入りとかが流行っててデザートだけど、ヨーロッパの方では健康食品の要素が強いのかしら??
ちなみに私が好きなのは、大学時代バイトしていたスーパーにあった、ゼラチン入りの硬いヨーグルト・・・。あの地から引っ越して以来見たことないです。しつこく探してるのに10年経っちゃったわ(^^;
Posted by シナモン at 2006年07月19日 14:52
ほぅ、ほぅ。やっぱり旧ユーゴでは、日本でいうプレーンヨーグルトに馴染みがないのですね。モンテネグロのスーパーでも飲むタイプが陣取ってますね。プリンコーナーにフルーツが混じったタイプもありますが。

ウチの近くのスーパーでは、このACTIVITA結構並んでますよ〜(プリンコーナーに)
ACTIVITAは間違いなくプレーンヨーグルトだと思ってたけど、確かに割高だったので、その隣にあるIMLEKのピンクのパッケージのヨーグルトを買ってしまったのですが、これもプレーンじゃなかったのかな…?しまったなぁ、これでドレッシング作ろうとしてたんだけど(汗)食べてみたら分かりますね(^^;

シリアル入りのACTIVITAはまだ見てないですね〜。

話がズレますが、こちらの牛乳の賞味期限の長さにビックリしてます。昨日買った牛乳が10月までの賞味期限…。
しかも日本と違って常温の床に積んで並べていますからね(汗)
だいぶ加工してあるから大丈夫なんだろうけど、この賞味期限はアテにはしてません(汗)
Posted by maity at 2006年07月19日 18:58
>わはは大空さん

リンゴとヨーグルトってどちらもお通じによさそうな組み合わせですね☆こちらにも色々フルーツヨーグルトありますが、ベリー系やパイナップルが入っているのが大半でリンゴや柑橘系が入っているのは見かけないかも。

私はしっかり会社名出してしまいましたが、Activiaも大空さんがお気に入りのDanone製品ですよ。ダノンといえばプチダノンとかでおなじみですが日本ではカルピス味の素ダノン(カルピスと合併?!)という会社名なのですね。確かにプレーンヨーグルトの口当たりまろやかですね☆シリアル入りに関しては、そもそもヨーグルトにシリアルって組み合わせが余り好きではないのでやっぱり苦手かも・・

「外国人力士は・・・」読まれたんですね☆朝青龍をはじめ流暢な日本語を話す謎はここに隠されていたのか、とうなずける点多いです。力士と周囲の人々にまつわる「いい話」も多かったけど、タンゴ(星誕期)が巡業中に親方に怒られて泣いているのをおかみさんがなぐさめるエピソード、なんだかキューっときてしまいました。でもこういう事を乗越えて言葉を習得したり地域に溶け込んでいったりするんですよね。この本読むと自分もガンバローって励まされます。
「日本人が外国語習得に不得手なのは・・」の件、私も思い切りうなずいちゃいます。場所変えたって自分の周囲の語学環境を変えなければ語学なんて上達しない、その通りです。

ところで、例のものってなんだろう・・私の方はもう少しでUpできるところまで漕ぎ着けましたので明日あたりには何とかなるかなと思います。

>シナモンちゃん

ちょっと御無沙汰してたので大丈夫かな〜と思ってたけど元気そうでなによりです^^頭痛の方も暑さのやわらぎで楽になったかな?

ヤ○ギで売られてたと思われるゼラチン入りのヨーグルト、私も好きだったかも。ヨーグルトというよりはヨーグルトケーキに似た食感のやつだよね?あの地域限定販売なのかな〜?
それにしてもヤ○ギ懐かしいね☆うちの近所のスーパー(名前忘れた)より営業時間も長いし品揃えもよかったから時々ケッタマシーン(笑)走らせて買い物にいったさ。そういえばあそこの「薬の○箱」でも短期バイトしてたわ・・私は2年しか住めなかったけど、平地だったからどこでもケッタマシーンで移動できて便利だったね。
Posted by Mic'o at 2006年07月19日 19:26
>maityさん

コトールではまだ大量販売されているのですね〜ACTIVIA(泣)IMLEKのヨーグルトもプレーンだと思われますが、ちょっと長めのプラスティック容器に入っているのは現地の人々にとっては基本的に飲むヨーグルトなんですよ☆(シェイクしてから飲む)
ヨーグルトではないですが、プリンもなんだかゆるいのが多いですよね〜。プリン食べてるっていうよりクリームを食べている感じ。しかもカラメル入りプリンはどこにも見当たらない(号泣)クロアチアのメーカーで日本のプリンとほと同じ感触のものがあるので見つけたら即買いです。

牛乳は長持ちするロングライフミルクが多いですね。べオで一人暮らししてた頃は賞味期限が短いものを買ってたんですが、まず沸騰させないといけないのが面倒くさいのでもうずーっとロングライフミルクを買ってます。そういえば日本だとあまり長期保存牛乳って見かけないですね。普通は一週間持つか持たないかの牛乳が主流だから余慶にロングライフミルク(+常温保存)に違和感を感じるのかも。
Posted by Mic'o at 2006年07月19日 19:56
一時、カスピ海ヨーグルトに凝った時期がありました。
これを食べなれると、市販のプレーンヨーグルトなんて食べられなくなるほど、まろやか。作り方も簡単だから、かなりの期間せっせこ続けていたのですが、ある日ボーッとしていたらしく、種を取るのを忘れて全部食べてしまったのでした。また種ほしいな〜。

ブルガリアのプライベートルームでご馳走してもらったヨーグルトの味は、はっきりいってよく憶えていません。ヨーグルトそのものよりも、ヨーグルトにかかっていた手作りジャムの方が印象に残っています。

シリアル入りのヨーグルト・・・。私もこれはどうかと思うな〜。
Posted by YOKO at 2006年07月21日 00:56
>YOKOさん

セルビア料理の記事にトラバしたつもりだったんですが、ちゃんとできてませんでした(汗)

カスピ海ヨーグルト私は余り好きなタイプではないのですが(ドローンとしたのがダメ)、日本ではかなり人気なようですね。あれって種に牛乳だけ加えていけばヨーグルトになるんでしたっけ?

ヨーグルトはやっぱりプレーンタイプが一番かも。もしかしたらそちらのコメントでも書いたかもしれませんが、ニシュの知人宅でスープをご馳走になった際、スープが熱いかと聞かれてうなずいたら知人のお母さんスープにヨーグルトをドボドボ入れてしまい、泣きそうになりながら我慢して食べました(T-T)サルマにちょこっとつけ沿える位だったら美味しいんですけどね〜
Posted by Mic'o at 2006年07月21日 03:27
遅くなりました〜。
ドイツじゃよくヨーグルト作るマシーン(笑)が売られているから。種を買って自分で作る人も多いみたいよ。
作る?作るのなら調べますよおお。ボルト数が違うかな・・?ヨーグルト菌は自然食品店にあったはず・・今度見ておくよ。
私は前はフルーツ入り大好きだったけど。テレビでフルーツ入りも実は本少ししか果肉の入っているのは無いと見てから・・プレーンになり、冷凍フルーツに掛けて食べています。最近見つけたビタミンB12入り。これなかなか便秘になりやすい私にはもってこいなのよおお〜。あ・・汚い話ですみません。
Posted by 光ちゃんママ at 2006年07月24日 07:22
>光ちゃんママ

いえいえ、遅いなんてことありませんよ〜。コメントありがとうございます☆

ヨーグルトは後日談がありまして、某所にお引越しが済んだらまたお伝えしたいと思います。
それはそうとヨーグルト菌って健康食品店であつかってるんですね。初耳です。光ちゃんママも色々試しているみたいですが、私も同じ悩みをもっているのでビタミンB12入りのヨーグルト試してみようかな?っていうか私の場合普段からもっと水分とれよって話なんですが・・
Posted by Mic'o at 2006年07月25日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21012801

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。