2006年06月27日

聖母出現!から25年

オシム氏日本代表監督就任の一報が影響してか、先週末からオシム氏や日本代表のキーワードからこのブログを訪れてくださっている方も多いようですね。
でも、今日は久々に現地ネタで行こうと思います。

=============

現地紙「Nezavisne Novine」によるとボスニア南西部の街・メジュゴリエに聖母が出現してから25周年という事で、ここ数日間で世界各地から10万人にも上る巡礼者がかの地を訪れているそうです。

メジュゴリエに聖母が現れたのは1981年6月24日。現地の6人の子ども達によって目撃されたと言われています。その際聖母マリアは↓のような姿で現れたのだとか。

gospa.jpg

vidioci.jpg
聖母を目撃した6人の子ども達(当時)
写真はガイドブック「Medugorje」より

私も今年の春に訪問する機会がありましたが、その際にはバスで街を一周しただけだったので出現した場所は直に見る事はできませんでした。ただ、すれ違うバスのカーナンバーを確認するだけでもイタリアだったりポーランド(!)だったりと、遠路はるばるいらっしゃる巡礼者の方が多いですね〜。カトリック信者の方々にとっては巡礼地としてかなり名が通っているという事を実感しました。

私がメジュゴリエを訪れた際にはボスニア人のガイドの方がついていたのですが、彼曰く「メジュゴリエはフランスのルルド、ポルトガルのファティマと共に欧州で3本の指に入る聖母の出現地」との事だったのに、このブログを書くにあたりウィキペディア内「聖母出現」の項で確認した所では、欧州内でかつカトリック教会公認の出現地は9箇所もありました。肝心のメジュゴリエは「カトリック教会未公認の出現地」の1つに挙げられています。それにしても世界中で見ると公認・未公認合わせて数千の聖母出現地があるんですね!日本でも津和野、秋田、仙台が出現地として紹介されています。

メジュゴリエでの短い滞在の間にお約束(?)でガイドの方の知人が働いているお土産屋さんに導かれ、「どの宗教にかかわらずメジュゴリエで何かを買うと御利益がある」という言葉に「ばっちり土産屋トークだな〜(^^;)」と苦笑しつつもメジュゴリエのガイドブックとクロスのペンダントトップをお買い上げしてしまった私なのでした。まあ、両方とも常々欲しかったり必要なものだったので、御利益につられての衝動買いではないという事にしてくださいね☆

suvenir.jpg

御利益のほどは?!
この記事へのコメント
初めまして、kaoluと申します。ボスニアについて知りたいなと思ってサーフィンしていたら、こちらへたどり着きました♪

世界各地からそんなにも沢山の巡礼者が集まったなんて、すごいですね。
有名な聖母出現地があるくらいだからボスニア・ヘルツェゴビナではカトリックが主流なんでしょうか?
それにしても聖母出現地が日本に
まであるとはビックリです。

またお邪魔させてくださ〜い。
Posted by kaolu at 2006年06月27日 21:39
ご無沙汰してます、3月のメジュゴリエ、怪しいガイドの旅ではお世話になりました。

日本ではオシム監督の話題すごいです。ジェフが意図的(?)でもあるキャプテンの発言に遺憾の意を表明とかなんとか。どうなるのでしょうか。

あいのりは今スイスです。そろそろボスニアだと思います。あいのりを通してもっとボスニアのこと知りたいです。
Posted by junko at 2006年06月27日 22:37
以外に聖母さまっていっぱい出現しているのですねー!びっくり。
聖母さまって…目立ちたがり?

いやいや、せっかく買ったお土産、ご利益あるといいですね〜
コトールでも同じようなコトいうお土産屋さんがあるので、読んでて楽しかったです(^^)これも世界共通ですかね?(笑)
Posted by maity at 2006年06月27日 22:49
>kaoluさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

聖母が出現したボスニア南西部はカトリック信者が多いですが、ボスニア全体で見るとイスラム教徒が半数弱、セルビア正教徒が30%ちょっと、でカトリック信者が20%弱といった比率ではなかったかと思います。そしてこの比率はほぼそのまま民族比(ボシュニャ−ク人もしくはムスリム人、セルビア人、クロアチア人)となります。

私も日本での聖母の出現に驚きました。でも何千と目撃情報があるようなので、世界中くまなく現れているのかな?

また是非遊びに来てくださいね☆

>junkoちゃん

お久しぶりです。夏はボスニアに来るのかな〜なんて考えてたところです。3月の時とは一転現在のボスニアは猛暑もいいところ。連日30度を越えています。こうなると雪の中の作業が懐かしくなりますね(^^;)

ネットやTV(NHKだけはサテライトで見ることができます)でオシム情報を追ってますが、今日(27日)の話し合いでは結論が出ていないようですね。キャプテンの発言のタイミングがあまりにもね〜(--;)オシムのコメントとしてオシムの次に日本代表監督となりうる人材をスタッフに入れて欲しいといった要望を出しているみたいですが、65歳という自身の年齢の事もあるでしょうが、先を見据えた代表スタッフ選考まで考えるとはさすが名将ですね。

あいのり、私も気になってルート確認してました。W杯の頃に合わせてOAという話だったけど、クロアチアを通ってくるとなるとあと2ヶ月位先になりそうかな?
私はB市のホテルで電話中に見かけたラブワゴンに誰が乗っていたか気になってます。

>maityさん

>>聖母さまって…目立ちたがり?
実はそうかも、なんて(笑)。でも出現するのには一応励ましや救命、警告等といった意味合いがあるとのことです。メジュゴリエに出現したのは「平和を求めた」とあったのですが、時は内戦勃発の10年前。そう考えるとマリヤさまも何か訴えたかったのかしら〜と考えてしまったり・・・

コトールのおみやげも御利益があるのですか(笑)文化は違うのに商売人根性は共通しているということですね(^^;)
Posted by Mic'o at 2006年06月28日 03:28
お久しぶりです。
だんながいないので実家と我が家を行ったり来たり・・・。
すごーい久しぶりにパソコンあけました。
メジュゴリエ、実は私も訪れました。
地球の歩き方にほんの少し紹介されていて、ちょっと興味があったのでドブロブニクに行く時に寄り道しました。
特に信仰心のない私たちには・・・あれっ???これだけー???聖母さまごめんなさい。でも確かにたくさんの人が訪れていました。私も何かお土産買えばよかったかしら???
Posted by このみのママ at 2006年07月02日 16:34
>このみのママさん

お元気ですか〜?パパがいない時期上手く乗り切ってらっしゃるようですね☆

メジュゴリエ、確かに巡礼者(+観光者)は結構いるけれど、街自体は聖母が出現した所と街中の教会、そして数多くならぶお土産やさんといった感じで、信者の方でないと「なるほどね〜」でおわっちゃうかも(汗)私も、マリヤさまごめんなさーい(-人-)

ドゥブロブニクまではなかなか足を伸ばせないんですが、メジュゴリエで入ったレストランがドゥブロブニクという名前だった記憶があります。お肉料理が美味しかった〜♪
Posted by Mic'o at 2006年07月03日 20:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。