2006年06月12日

あなたのサッカー熱は今何度ですか?〜W杯開幕〜

開幕してから既に4日目を迎えたW杯ですが、眠い目をこすって観戦されている方も多いのでしょうか?

我が家で受信可能(地上波で)なボスニアのBHT1、そしてクロアチアのHRT2でも全試合リアルタイムで放送予定だそうです。
今のところ所々しかみていないカードも含めると全試合何らかの形では観戦していますが、コスタリカ、エクアドル、トリニダード・トバコといった我が家のダンナ曰く「アウトサイダー」の健闘が嬉しいですね〜。
アウトサイダーの活躍に感動している間に、セルビア・モンテネグロは宿敵・オランダ戦でコケてしまいました(涙)選手を入れ替えての後半は動きも良かったのですけどね〜。

今日からは、正確にはあと1時間足らずで日本対オーストラリアがキックオフです。
BHT1とHRT2、どちらで見ようか迷いますが、HRTの解説者が次の対戦相手である日本に対しどのようなコメントをするのか気になるので多分HRT2にスイッチをあわせる事になると思います。

derbiciro.jpg

「Fグループの対戦が始まるのが待ちきれないのだo(^0^)o」

98年フランス大会では監督としてクロアチアを3位に導いた「チーロ」ブラジェビッチ氏。(画像はHRT「Derbi」放送時より。尚画像下に付いているコメントは私が勝手に付けたもので、本人の発言とは全く関係がありません)


この記事へのコメント
いや〜、...。
日本でサッカー熱が上がったのって、わりと最近ですよねー。わたしはすでに日本にいなかったので、すっかり取り残された感があります。
ちなみにわたしのサッカー熱は存在しません。ルールもほとんど知らず。いや、キーパー以外手を使わないくらいは承知していますが。
人生でサッカーの試合を見たのは、中学生のときに学校対抗試合を見たのが最後です。ひゃ〜。
Posted by エカテリーナママ at 2006年06月13日 05:34
>エカテリーナママさん

実は最近ルール改正があって、ペナルティーエリア内ならGK以外のプレーヤーも手を使っていい事になったんですよ〜。

・・なんて書いてもさすがに信じてもらえませんよね(汗)勿論嘘ですよ

日本のサッカーは93年のJリーグ開幕辺りから盛り上がってきましたよね〜。私もそれ以前は海外のサッカーしか観てませんでした。日本の実力も向上してW杯にもコンスタントに出場できるようになったけど、出場も3度目ともなると結果が求められますよね。しかも昨日の試合は何とも後味が悪い負け方だったし、予選突破はどうなのかなー?残りの試合、もっと積極的をもって、攻撃的にいってほしいものです。

こんな風に熱く語っている私ですが、現在のサッカー熱は微熱といった感じなのです(汗)勿論観てると燃えるけど、昔みたいにサッカーが人生の中心を回っているという感じではなくなってきた気がします。もっとも昔が熱すぎたという話もありますけど(笑)




Posted by Mic'o at 2006年06月13日 06:16
ルールを知らずにW杯を観る私は、平熱ですかね〜(^^;)
夜行性なので、日本で観る分には全然苦労しませんでしたが、コトールでは家のTVが調子悪くてひと苦労(汗)観れないと分かると余計見たくなる、Wカップ。

特にセルビアモンテネグロの試合をモンテネグロの人たちはどのような思いで観てるのか?気になって、近くのBARを覗いてみたけど、みんな普通でした(−−)サッカー熱にみんな冒されつつも、誰も代表とお揃いのユニフォームを着るとか、国旗振るような日本みたいな熱狂ぶりは、やっぱり街中では見られませんでした。それでもみんな試合に釘づけ。応援してるのかしてないのか?傍目には分からない集団がいっぱいいました。オランダに負けて荒れなくて良かったけど(^^)日本対クロアチアの試合はドキドキです。
Posted by maity at 2006年06月13日 22:45
訂正:オランダに負けても、荒れなくて良かったけど(^^)でしたm(_ _)m

もっと代表に感情移入して、みんな暴動でも起こすんじゃないの?って思ってたけど、意外と(というかやっぱり?)みんな冷静なんだなぁ〜と、感慨に思ったのでした。
Posted by maity at 2006年06月13日 22:54
日本は残念でしたが、クロアチアはもっと残念でしたね。私はサッカーは詳しくないですが、ブラジル相手にいい試合だったと思います。ここにきて急にサッカー熱も上がってきました。18日の試合が楽しみです。
Posted by デベラ at 2006年06月14日 13:34
一つ前の記事へのコメントで恐縮ですが、あじさいだあ〜★
こちらではまだ咲いていないのです。綺麗な淡い色だね。あじさいの花が思い出になっているなんてきっととても素敵な方なんだろうね。

サッカーは、こちらでは午後10時からなので、日本とオーストラリアの試合は見たよ。
私は後半30分くらいから寝てしまい、目覚めたら負けていました。。。
確かに川口選手の失策もあるけれど、結局はフォワードが決められない、とニュースでは言ってました。よくわかんないけど、昨日やってた韓国の試合なんか見てると、一人の人がキープしてる時間が長いし、そのままゴールまで行っちゃう。日本はこまごまとパスしてる。その辺の違いかなと素人ながら考えてました。ま、フォワードとかミッドフィルダーとか、一昨日覚えた人の考えだけどね(^^;
セルビアモンテネグロも残念だったね。次はどっちも勝つとよいね。
Posted by シナモン at 2006年06月14日 14:08
>Maityさん

我が家のTVも何と日本戦当日から今一つ調子が悪くて、どちらかというと画面がきれいに映る方のTVで観戦しています。

セルビア・モンテネグロは予選時はこの国名で通過したとはいえ、実質はもう存在しない国の為に(特にモンテネグロの選手)の心境は複雑なのかと思います。W杯前に読んだ現地紙でのコメント(GKのイェブリッチだったと思うけど)でもそういった事に関係なく準備を進めているとあったし、与えられた機会で自らを最大限にアピールするのみととらえているのかもしれないですね。それよりも監督が自分の息子を代表招集するなんてありえない事件?が勃発した事がチーム内に波紋を呼ばないかという方が心配になりましたね(結局監督の息子はプレッシャーに耐え切れず帰国しましたが・・)

昨日はクロアチアVSブラジル戦がありましたが、敗戦にも関わらずクロアチアサポは熱く盛り上がっていて(試合会場で花火まで上げる始末・・--;)我が家のダンナも「まるで勝ったかのような騒ぎだな〜!!」と驚いてました。一方でクロアチアの選手達は冷静なコメントを残していましたけどね。
次は日本VSクロアチアですが、コトールだったら日本が勝ったとしても襲撃される事はないんじゃないんですか?私が住んでいる所はクロアチアから直線で10km位しかないのですが、一応周囲はセルビア人が殆どなので安心して?応援できます。クロアチア在住の人は家から出ない方がいいかも?!

>デベラさん

クロアチアは幾度もチャンスがあったのに、調子が今一つなブラジルの一発に沈んでしまいましたね。負けても盛り上がるサポーターと結果を冷静に受け止める選手達の様子が対照的でしたが、試合後の次戦に対する展望では「日本のマラソン選手」という表現が連発されてましたよ。日本は良く走りますからね〜。でも所詮決定力がなければダメなのよ。
周囲はセルビア・モンテネグロの応援に熱いけど、日頃クロアチアのTVを観る事が圧倒的に多いので見慣れたクロアチアの選手達にも情が移ってきたような・・・でも、日本戦は勿論日本の勝利を願って応援しますよ!

>シナモンちゃん

日本ではまたアジサイ開花してないんだね。こちらでも写真の花以外はまだ色付いてないよ。

サッカーは日本時間に合わせて現地時間の午後3時開始が多いのかなーと思ったのだけど、それでも日本では夜10時になってしまうんだね。育児等で疲れた体には酷かも・・

一点目の失点は川口の不用意は飛び出しが要因だけど、それまではずっとファインセーブを続けてきたわけだしね〜。前に飛び出すプレーは彼のプレーの魅力でもあると思うし、それ自体はまずくないけど、あの場面ではよい判断ではなかったよね。
自分がキーパーをしていた事もあって、一瞬の判断って試合を決めかねないほど大切なものだと思う。私がやってたのはハンドボールで一点の失点はそれ程大きく響かないけれど、サッカーの一点は本当に大きいよね。でも、今回の失点を重く見て慎重なプレーに徹するのもそれはそれで川口らしさが消えてしまう事になるしね〜。(--)それよりも攻撃陣だよ、攻撃陣!うちのダンナも「日本の攻撃は自信のなさがプレーににじみ出ている。失敗してもいいからもっと積極的に行け!」とTVに向かって激を飛ばしていました(^^;)同じアジアでも韓国なんかは遠くから狙ってきて、しかも決めてしまうんだから凄いよ。昨日の逆転ゴールともなったアンジョンファンのゴールも結構離れたところから打ってたよね。アンジョンファン好きだけど、なんで毎回ヘアスタイルが変なんだろう?そんな事はどうでもいいけど、日曜のクロアチア戦は各自がするべきこと、求めるプレーを明確にして泥臭く敵に立ち向かって欲しいと思うのでした。
Posted by Mic'o at 2006年06月14日 19:53
Mic`oさん(ミチョさん、でしょうか?)、はじめまして。大塚さんのHPにすごく久しぶりに行き、リンクから拝見させていただいています(サッカーネタへのコメントではなくて、ごめんなさい)。こんなに多くサイトがあるなんて(旧ユーゴ地域で暮らしている人が激増したわけではないと思うので)、驚きでした。
私はBiHは何度か訪れたのですが、スルプスカの地域には行ったことがありません。ベオグラードとサラエヴォ、ザグレブを行き来する際に通過はしてるのかもしれませんが。また大都市や有名な場所でなければ旅ではなかなか訪れることもありません。ベルデンタという地名は初めて知りました。観光案内やジャーナリストの分析ではない、地元の人の視点からの風景を共有させてもらえるのはいいですね。知らない土地に行くたびに、どんなところにも人の暮らしはあるんだなあ、と思います。今年はビシェグラードに行こうかと考えていたところでした。思いが強すぎるとがっかりするかも、と言われてずっとはずしてきたのですが、そこに行くことだけが全てではなし、とハプニングを覚悟していた初心に返るか、とそんな気持ちにさせてくれました。

サッカーといえば。前回も前々回もクロアチアを援護した私は、完全に非国民扱いでした。私も日本が負ければいいとは思ってない、だけどクロアチアなんてチョロいチョロい、みたいなあえて現実を見ない(見せない)ような熱狂ぶりや報道等にはどうしても違和感がありました。どこの国も同じなのかもしれないけど、と思いつつ。これってテレビがない生活が長いのと関係あるかな。
Posted by chibikko at 2006年06月16日 01:11
>chibikkoさん

はじめまして&コメントありがとうございます。

ボスニア生活を綴ったサイトをはじめて6年、ブログは1年程になりますが、デルベンタ(ベルデンタではありません) という小さな街からの情報発信でも読むとボスニアの日常生活の風景が浮かんでくるような、そんなサイト&ブログにしていきたいと思っています。
ヴィッシェグラードといえばすぐに思いつくのが「ドリナの橋」でしょうか?思い入れが強くてがっかりするのか、それとも思っていた通り感動するのか、やっぱり行ってみないことには分らないですよね。まずは訪ねてみて、自分の目で確かめ、土地の空気を感じてみてはいかがかなと思います。

日本もオーストリアに敗戦を喫した事で日本国内の代表に対する見方、またクロアチア戦に対しての心構えもかなり違ってきたのではないかと思います。
クロアチアでもサッカー関連の番組を見ていると日本戦に対し楽観的な見方をしている人もいる一方で、「どのチームも予選を勝ち抜いてW杯にまで勝ち上がってきたのだから、過小評価をするべきではない」といった意見もあります。勝負は強いものが勝つのではなくて、勝ったものが強い。どんな相手にもなめてかかっては痛い目にあいますよね。

Posted by Mic'o at 2006年06月16日 02:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19183408

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。