2006年05月20日

気になる事×2

明日(土曜)から数日間出張にでかけるMic'oです。
この出張中に国外で起こる予定の出来事で気になる事が2つあります。

1つは欧州諸国を代表する歌手が競うEUROSONG。
ここ数年は毎年サイトやブログにて結果をお伝えしていますが、今年は土曜の本選に先駆けて昨日(18日)に予選が行われました。
「ビッグ4」と呼ばれる前年の結果に関わらず直接本選に出場できる国(確かイギリス、ドイツ等→未確認です)+昨年好結果を出した国はこの予選は免除されるのですが、ボスニア・ヘルツェゴビナは昨年の結果が振るわなかった為、今大会は予選からの登場となりました。

今年のボスニア代表ハリ・マタ・ハリと楽曲「レイラ」に関しては3月7日付けのブログ「ここらで本気をだしてきた?!」紹介したのでここでは省略しますが、予想よりもシンプルなパフォーマンスだったにも関わらず問題なく予選をクリアし本選へ駒を進めました。

本日夜7時のニュースでも予選通過のニュースが取り上げられ、ボスニア国民のハリ・マタ・ハリに期待する声が紹介されましたが、60代くらいの男性のコメント「ああいった大会には色々裏があるから、7位か8位には入るんじゃなかろか」という現実的な声も(^^;)裏というか、投票は周辺国もしくは友好国同士の票の与え合いが大きく響きますから、旧ユーゴ諸国(+旧ユーゴ移民の多い国々)から高得点が期待できるボスニアは逆に優位なのではないかと思うんですけどね。
ハリ・マタ・ハリには本選でも大人の歌をシットリと聴かせてもらいたいものです。もし、ボスニアが優勝という事になったら出張先のサラエボは盛り上がるだろうなーとちょっと期待しております。Sretno!

そして、もう1つ気になる事といえば、日曜に行われる独立の是非を問うモンテネグロの国民投票の行方です。55%が「Za」(独立賛成)に投票すれば、いよいよ旧ユーゴが完全に解体するわけですが、もしこの数字に満たなかった場合は3年後に再度独立の是非を問うことになるそうです。また独立後の在セルビアのモンテネグロ人のステータスも大いに気になります。(勉強不足ですみません>汗)
kojeprotivnik.jpg

↑の風刺画は3月にバニャ・ルーカのギャラリーで展示されていた作品の1つです。
既に開幕まで1ヶ月を切ったW杯がテーマで、大会の抽選会で司会が
「この試合前半セルビア、後半モンテネグロと戦う国は・・」と抽選結果を発表しているシーンです。本当微妙な時期のW杯出場となりましたが、秋からのEURO2008予選にはそれぞれセルビア、モンテネグロとして出場する事になるんでしょうか?









posted by Mic'o at 03:49| Comment(12) | TrackBack(1) | BiHココロのメモ帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国別対抗歌自慢大会ですか。
なかなか面白そうですね。
歌といえば、自宅近くに怪しい(?)ホールがあって、のんたん(結婚相手)が仕事で、そこでのアルバニア人版紅白歌合戦のようなものを観て来たことがあります。世界中に衛星で放映されていたようですが。

歌は世につれ、世は歌につれ、歌合戦なんて平和なイベントが行われることは、喜ばしい限りですよね。バルカンは一触即発の火薬庫とも言われるそうですが、今度何か問題があったら武力ではなく、歌で決着をつけてもらいたいです。

ご出張、お気をつけて!!
Posted by エカテリーナママ at 2006年05月20日 04:30
モンテネグロの国民投票、私も大いに気になっているところです。

独立するには早すぎるのでは・・・。いや、たいして産業のない小国が誕生しても、前途多難だと思います。
ミロシェビッチが健在だった頃とか、セルビアが世界中からの悪者にされていた頃ならともかく、少しずつ状況が改善されている今、モンテネグロが独立するメリットはあるんでしょうか?
Posted by YOKO at 2006年05月20日 14:33
こちらは夕べ27度あったかと思えば今日は長袖でも寒いという感じで、親子ともども風邪防止に精一杯です。
EUROSONG、楽しそうだね! ぜひまた結果を聞かせてもらえると嬉しいな★ その国の音楽をだいじにしているからそういうイベントが開かれるのでしょうね。最近のわが国の音楽番組の内容のなさが思われてちょっとうらやましいイベントです。

そして、モンテネグロの投票、独立の是非を問うなんて、とても大きなことなのに知らなかったのが情けないです。遠い出来事なのだねえ。ニュースでやってくれるのかしら。
今はニュースなくてもインターネットで何でも分かる時代だし、もう少し色々勉強したいものです。

ではでは出張、気をつけていってらっしゃい!
Posted by シナモン at 2006年05月20日 23:12
出張お疲れ様です☆

私はモンテネグロの投票について聞いていたけれど、それが明日だなんて知りませんでした。日本についての情報さえも最近チェックしてないです。勉強不足者でコメントするにも申し訳ない。

モンテネグロにとっては海に来る観光客たちから収入が得られるので、独立したい・・様なことを聞いたことがありますが、実際に現地の人はどう思ってるんでしょうか。

そして結果独立が決まった場合、セルビアの国としての収入源ってなんになるんでしょう。気になるところです。

ユーロソング。Mixiで勝手に生放送してました。w
ハリ・マタ・ハリの曲とてもよかったです☆残念ながら3位という理不尽な結果に終わりましたが・・。
Posted by サトコ at 2006年05月21日 07:49
こんにちは。モンテネグロの独立賛成票が微妙な数でしたね。(笑)独立支持票が大差をつけると思っていたのではっきり言って意外でした。う〜ん、本当に政治関係に限らずどこまでもGrayな国ですねぇ。(苦笑)

モンテネグロ出身の友人達は、自国にはクロアチアに劣らない美しい海があるし、由緒ある寺院が沢山あるから大丈夫・・・みたいな事を言っていたのできっと観光業に力を入れるのだと思います。

話は変わって・・・我が家で見れるボスニア放送BNは「Bijeljina TV Station」です。衛星放送で見れるくらいだから日本のNoKの様な放送局かと思ってたんですが、地方のローカル局だそうです。
Posted by ヤパンカ at 2006年05月23日 21:25
Mic'oさん、そろそろサラエボからお戻りですか?

私は独立支持派と反対派の差が僅差であると予想していたので、もしかして反対派が上回ることもありえるかも、と思っていました。
大統領が独立推進派ということで、何か裏(不正)があったのでは・・・?なんて疑っているくらいです。

いろいろ、書きたいことはありますが、自分のブログネタにとっておきたいので、この辺で・・・。
Posted by YOKO at 2006年05月23日 21:56
またまた失礼!

そういえばmixiで、モンテネグロの意味は「黒い森」でしたっけ?なんていう人が、モンテネグロ独立についてのトピたてて(たか、書き込んでたか)ましたね。
彼氏がモンテネグロ人だから、独立すると嬉しいとか・・・。

そういう問題じゃないと思うんだけど・・・。
Posted by YOKO at 2006年05月23日 22:01
皆様、コメントありがとうございます!出張の間レスを付ける事ができず申し訳ございませんでした。(読めたんですが返答ができませんでした)

>エカテリーナママさん

ボスニアはこのところぐっと暑さがましましたが、マケドニアはいかがですか?

EUROSONG(欧州歌謡選手権)はマケドニアも本選に出場しましたが、ちょっと残念な結果でしたね。国別の投票ではマケドニアからボスニアに最高の12点が送られました。
もしこの大会を御覧になってたらお気づきかと思いますが、歌そのものの評価以上に、友好国(元、を含む同盟国)同士が高得点を送りあうというのが慣習になっています。その例にもれずボスニアも旧ユーゴ諸国や多くの移民が住む国(スウェーデン等)から高得点を得たわけです。まあ、ボスニアのパフォーマンス自体も大会参加国の中でレベルは高かったと思いますけどね。

それにしてもアルバニア系の歌合戦が世界に中継されていたんですね!マケドニアだけでなく、コソボやアルバニア本国からも参加者がいたんでしょうか?

>YOKOさん
コメントに加えトラバまでして頂きありがとうございました。YOKOさんのブログの方にも色々コメントさせて頂きましたので、ここで改めて色々述べるのは控えさせていただきますが、賛成と反対派が微妙な差(しかも0.5%というかなり疑わしい僅差)とはいえ、2002年に国名がユーゴスラビアからセルビア・モンテネグロに変更した時から既に独立は時間の問題だといわれていたと思います。もし、今回反独立派が勝利していたとしても、また3年後には同様に独立を問う国民投票が行われる事になってましたしね。

ただ、独立が必ずしもよい結果に導くとは限りませんが・・・

>シナモンちゃん

こちらも大分暑くなってきたよー。出張中は暑さに加えて湿度も高くて、しかも帰りのバスは運悪くクーラーなしだったので3時間程ぐったりしながらバスに揺られてきました。

EUROSONGは欧州の23カ国が決勝進出できるんだけど、最近はその国独自のテイストが出ていないものが多いです、今回優勝したのもフィンランドのヘビメタで皆呆れてたよ。分析によると、ゲームやアニメで怪物をみるのに馴染んでいる子ども達が票を入れたんじゃないかとも言われているけどね。ボスニアは過去最高の3位だったんだけど、まるで優勝したかのような騒ぎでした。

モンテネグロの独立、確かに日本にとっては遠い出来事だよねー。私も旧ユーゴなどのニュースは注目するけど、あまり馴染みがない地域の事は知らない(もしくは知ろうとしない)事が多くて反省しきりです。
でも、このブログを読んでもらう事でボスニアや旧ユーゴの事を少しでも知ってもらえるきっかけになれば嬉しいな☆

>サトコさん

無事出張終了いたしました。子どもが小さいので置いていくのは少々心が痛みますが、基本的に出張大好きです☆

モンテネグロの国民投票、とりあえず独立派の勝利で終わりましたね。0.5%の差って最初出口調査の結果だとばかり思ってました。それにしてもTVで観るモンテネグロは凄いお祭り騒ぎですが、肝心なのはこの先。確かに海岸線や世界遺産等もあるので観光に力を入れていくのでしょうけど、クロアチアに比べるとサービスなどはまだまだ比較にならないのではないでしょうか。まだクロアチアよりはお安いでしょうけど、今後物価も上昇したらクロアチア、もしくは周辺国に太刀打ちできるのか、余り楽観的な見方はできないように思います。私の周辺の人々や仕事で関わった人達も血を流さずに独立した事は良かったと思っているようですが、やはりこれからモンテネグロが歩む道は決してバラ色ではない、と思っているようです。

ハリ・マタ・ハリは惜しくも3位でしたが、ボスニアではあたかも優勝したような盛り上がりで、ハリ達が戻ってきた約一時間後にはスタジオにハリをはじめとするEUROSONGボスニア代表を招き、特別番組を放送していました。残念ながら作詞のジェリコは1日アテネでの滞在を延長した為に番組には登場しませんでした

今年ハリという切り札を切ってしまったから、来年はどうするのか、既に心配になっている私です(笑)

>ヤパンカさん

お久しぶりです。いやいや、本当にどこからみてもグレーな投票結果でしたねー(汗)
もうあの国は世界遺産や海を中心とした観光に力を入れるしかないですけど、周辺にクロアチアやギリシャといった強力なライバルがいますし、サービスの面からいっても太刀打ちできるのか、観光資源には恵まれているとはいえ、観光立国として成り立つのか楽観はできないと思います。

ヤパンカさんのお宅では「BN」が見れるのですね。うーん、かなりローカルですね(汗)BHT1は入らないのですか?

もし夏にボスニア方面へいらっしゃる事がありましたら是非声を掛けてくださいね☆
Posted by Mic'o at 2006年05月24日 18:54
こんにちは!
国民投票でモンテネグロの独立に賛成となりましたよね!でもその後どうなるのか、というのが気になります。
よくもめているコソボも独立しようという動きが強くなったりするんでしょうか。
Posted by chottocafe at 2006年05月26日 15:53
>chottocafeさん

そうですねー。55%以上の投票で独立が成立のところ、55.5%という何とも怪しい(^^;)得票率で独立派が勝利しました。
周辺の人々も、いくら接戦だったとはいえ58%、とかならまだしも0.5%差はどうみても怪しいと話しています(汗)でも、他の旧ユーゴ諸国のように血みどろの争いにならずに独立という点ではホッとしているようです。とはいえ、小国である上、これといった産業(観光資源はありますけど・・)がないモンテネグロがこれからどこに向かって進んでいくのか、楽観的な見方をしている人は少数なのではないでしょうか。EU入りも視野に入れているそうですけどね・・・

2002年に国名がユーゴスラビアからセルビア・モンテネグロに変更された際、既にモンテネグロの独立は時間の問題だと言われていましたが、やはり同様に独立を求めるコソボ(実質的には独立しているようなものですが)の独立をとめる為、ひいてはバルカンの和平安定の意味でもモンテネグロが独立するのは好ましくない、というのが欧米側の見解だったそうです。
モンテネグロは独立国として第一歩を踏み出しましたが、この独立がモンテネグロ国内、そしてその周辺にどのような影響を与えるのか注意深く見守っていく必要があります。
Posted by Mic'o at 2006年05月26日 16:57
MIC'Oさん
ご無沙汰してます。相変わらずお忙しそうですね。
私もここ数週間は仕事を終えて帰宅するのが毎日夜中の12時というハードな生活でしたので、記事はすべて読ませていただいてましたが、コメントする気力がありませんでした。モンテネグロの独立は、時期はともかくいずれはそうなるだろうということで特に注目していなかったのですが、YOKOさんのブログのほうでのお二人のやり取りを読んでいていろいろ考えてしまいました。MIC'Oさんのご主人などはこの結果をどんな風に受け止められているんでしょうか?ひとまず結果が出た以上それが将来的に良い結果となるよう祈るばかりです。そちらでどのような受け止め方がされているかなど、またいろいろ教えてください。
Posted by デベラ at 2006年05月27日 02:59
>デベラさん

新生活の方、なかなか大変なようですね。近々メールを差し上げようと思っていたところです。

モンテネグロの独立、私も時間の問題だと思っていましたが、いざ独立が決まると「あら、本当に独立しちゃった!」という感情がないわけではないですね。それよりも独立後のモンテネグロの行く末、周辺国への影響(主にコソボ)、そしてセルビア側に住むモンテネグロ人の知人達のステータスの方が気掛かりです。

周囲の意見では独立に対し肯定的な人が多い感がありますが、やはりさしたる産業(観光資源は別として)がない小国がどうやって成り立っていくのか懸念する声が聞かれますね。


Posted by Mic'o at 2006年05月27日 05:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

さようなら、ユーゴスラヴィア
Excerpt: モンテネグロの独立が決まりました。 国民投票の結果は、賛成が55.5%、反対が44.5%。 この結果、独立承認の条件である55%を上回ったということです。 独立推進派だったジュカノビッチ..
Weblog: ほろ酔いPhoto日記 novo 
Tracked: 2006-05-23 23:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。