2006年05月17日

同・窓・会

先日、小中高と同じ学校に通っていた近所の子から、GW中に行われたらしい同窓会の報告が届きました。

大型連休の帰省を見込んで計画されたイベントのようですが、確か250人近く在籍していた同級生のうち、参加者は60人程だったとか。まあ、今年は上手く休日が繋がって長い休みが取りやすくなったとはいっても、所詮一週間前後。しかもサービス業などに就いていれば休みどころじゃないでしょうしね。仕事でも家庭でも何かと忙しい年代だという事も考えれば、1クラスあたり4分の1の参加があれば上々なのかもしれませんね。とはいえ、私が所属していたクラス、出席者が何と



だったのには、さすがの私も驚愕しました(@@)

知らせをくれた友達によると、仕切り役になる人(元・学級委員とかね)が市外に出てしまっていて音頭を取る人がいなかったからではないかとのことですが、音頭はとっても踊る人がいないと仕方がないのですね〜(汗)
一応クラス単位では音頭取りの人から「クラス会やろうと思います」って2年連続位で年賀状が届いているんですけどね(しかも未だに旧姓だ>汗)

今回は同窓会が企画されている事自体知りませんでしたが、仮にお知らせがあって行ける状態にあったとしても、喜び勇んで参加したかどうかはかなり疑問なところ。そもそも今回同窓会が行われた世代に関しては当時仲良かった子と卒業後から今に至るまで個人的なお付き合いが続いていて、わざわざ同窓会という場に赴いて会う必要がないし、これまでに参加した幾つかの同窓会でも結局盛り上がるのは当時仲の良かった同士。そもそも大人数の中で広く浅くの付き合い付き合いよりも少人数のグループで集まって蜜の濃い(?)時間を過ごすのが好きな私にとって、同窓会という集まりが余り居心地のよいものではないのかも。かつて共に時間を共有した仲間とこういった場で楽しい思い出を共有するのは楽しいけど、頭の奥底に封印した出来事も思い出してしまうからね。(同窓会の報告を聞いた影響かは分らないけど、ここ数日当時の事を夢にみて軽くうなされてたし>笑)

同窓会自体に否定的な感情を持っているわけではないし、参加した同窓会の中にはこの場がなければきっと再会する事はなかっただろう子達とも十数年振りにひと時をシェアする事ができて楽しかったものもあるけど(この場でなんだけど、一足先に抜けた私まで呼んでくれてありがと>Gちゃん)、同窓会に行きたいと思えるかどうかは当時の自分に戻れて現在の自分も受け入れてもらえる場所と感じられるかどうかなのかもしれない。

ところで、我が家のダンナとその同級生が高校卒業してから○周年にあたるという今年、地元在住のダンナは各方面から同窓会の音頭を取るよう軽くプレッシャーを掛けられていたらしいが、こちらの場合元同級生が欧州各国をはじめ世界各地に散らばっている為、大々的な集まりをオーガナイズするのは難しいと諦めた様子。
確か数年前には地元組+国内外帰省組で小規模な同窓会を催した記憶があるのだけど、確かにクラス全員集めようと思ったら連絡先を把握するだけでもかなりの時間と費用を費やしそうだなー(汗)

同窓会の幹事を務める皆様、本当にご苦労様です。m(__)m



posted by Mic'o at 18:16| Comment(4) | TrackBack(1) | intermezzo(つぶやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同窓会かあ。確かに海外生活していると縁がないし。しかも、あの当時はどんどん遠くに離れていくし。
今の自分と、あの頃の自分は、結構別人格だったりするし。
でも、あの頃があって、今があるのよね〜。

ちなみにわたしは帰省するたび、高校時代に好きだった人と、どこかでばったり会わないかなあとかなり期待していますが、未だに一度も会えていません。

...そういう運命だったんですね...。
Posted by エカテリーナママ at 2006年05月18日 21:17
丁度日本に帰省している最中だったらまだしも、わざわざ同窓会の為に帰国するわけに行かないし・・といううちに時だけが流れてしまうのですよねー。でも高校の同級会は、本当は留学の為一緒に卒業しなかったので参加資格ないのにも関わらず、仲の良かった子が幹事だった為私の帰国中を狙って日程を組んでくれたので参加することができました。

私も、特に今回同窓会が開かれた世代の頃は本当に恥ずかしい事ばかりで、思い返すのも結構パワーが要るんですけど(笑)、エカテリーナママさんの「でも、あの頃があって、今があるのよねー」という言葉に救われた気がします。ありがとう。
どんなに恥ずかしくたって、みっともなくたって、あの頃の自分の延長上に自分がいるんですもんね。

>ちなみにわたしは帰省するたび

とりあえず、ふるさとと昔の恋は「遠くにありて思うもの」かなと・・(汗)
出会う機会がないという事は、きっといつの間にか人生の軌道が違ってしまってたという事なのかもしれませんね。
でも思いがけないところで出会ってしまって、穴にもぐりたくなるよりは、キレイな思い出として残しておいた方がいいかなーという気がします。
特に会ってどうしたいというというわけではないけど、会ってみたいという気持ちも分るなー☆
(どんな別れ方をしたかにもよりますけどね>汗)
Posted by Mic'o at 2006年05月19日 02:56
Mic'oさん、こんにちは。ブログのほうに書き込みいただき手ありがとうございました。早速こちらにもお邪魔させていただきました。こちらこそ、ぜひブログをリンクさせていただければ幸いです。

明日の昼にヒューストンからザグレブへ発ちますので、今夜はパッキングのはずなのですが、集中できずに現実逃避気味です。。。(笑)

同窓会、私も一度も参加したことがありません。。。確かに当時気になって人に、ひとめ会いたいな、という好奇心はありますが、実際に会うとなると、とても緊張してしまいそうです。

また、お邪魔させていただきます!
Posted by riyo at 2006年05月19日 14:05
>riyoさん

お忙しい中こちらにも遊びに来て頂き、しかも早々にリンクまで張って頂いてありがとうございました☆

rinaさんは明日ザグレブへ発たれるのですね。実は私も明日から4日間出張なのですが、準備どころか出張に出る前に下書きだけでも済ませておかなければならない原稿が全く手につかず気持ちばかりが焦っております(汗)
私は最低着替えと辞書さえ持っていけばなんとかなりますが、rinaさんは滞在日数も長いしハンド用品も色々あるし何を持っていたらいいか悩むところですね。

クロアチアは日本よりもずっとハンドボールがポピュラーですので、ハンドボール用品も何かいいものが見つかるといいですね(多分ドイツあたりからの輸入品でしょうけど)でも、今の時期は間近に控えたW杯の影響で街中もサッカー一色かも。

同窓会で会ってみたいけど・・・という人ってやっぱり皆いるんですね^^確かに実際にあったら本人の前で固まってしまいそうですねー。だからといって今も気があるわけじゃないんですが。
ところで、部活のOGで集まったりはしないんですか?
私達の世代は数年に一度集まっているようで、2回位参加したんですが、当時の話は殆ど出てこないので思い出をシェアする事ができずちょっと寂しいです。

天気予報によるとクロアチアは週末から月曜に掛けてかなり暑くなるようですので日焼け止めはお忘れなく(笑)

Posted by Mic'o at 2006年05月19日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

子供の直感力
Excerpt: ボスニアヘルツェビナのモスタルはモスクの尖塔が多いせいか、メトコビッチ方面から遠めで見ると、イスラム色の強い街のように思われます。 サラエボ方面に向かって、ネドレバ川をはさんで右手が、ムスリム系住..
Weblog: MERIDIANIの文体演習
Tracked: 2006-05-18 00:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。