2006年05月12日

W杯を食べよう part2

息子にまんまと風邪を移され体の節々に微妙な痛みを感じているMic'oです。
しかしいくら熱っぽいとダンナにグチをこぼした所で、所詮微熱しかないので取り合ってもらえないのが悲しいところです(元々低温なので微熱でもツライのです)
嗚呼、デート中に発熱した私をアパートの2階までお姫様抱っこで運んでくれたのも今はもう遠い過去・・・(遠い目)

過去を嘆いていても仕方がないので、おいしいものでも食べて体力つけましょう!
(そしてますますお姫様抱っこから遠のく私・・--;)

以前「W杯を食べよう」と称してJ-ヴィレッジで行われた、ドイツサッカーW杯で日本と対戦する国(クロアチア、ブラジル、オーストラリア)の家庭料理を紹介するバイキング企画を紹介しました。
http://bhkakera.seesaa.net/article/11768950.html

そして今回「W杯を食べよう 第2弾」として御紹介するのは

「ベビースター ワールドラーメン クロアチア サルマ味」babystarsarma.jpg

(画像は今回トラバさせて頂いた「Yu's dayori」の管理人 ゆずるさんからお借りしました)

サルマというのはクロアチアをはじめ旧ユーゴ各地で食べられているお米と挽肉が入ったロールキャベツのことで、使われるキャベツも普通のものではなく、冬の保存食としてポピュラーな酸っぱいキャベツ(kiseli kupus)を使います。

sarma.jpg
(サルマの写真は「つーらんバァ」をリンクさせて頂いているばぁちゃんからお借りしたものです)

以前某ラジオ番組に出演した際このキャベツについて話したところ、番組を担当していた島○和歌子さんに「それ腐ってんの?」と突っ込まれましたが(汗)、腐っているというよりは発酵しているというのが正解。私は一度だけチャレンジした事がありますが、大雑把に作り方を説明するとキャベツの芯をくり貫いたところに塩を詰め、水を入れたバケツにキャベツを入れて発酵させるという手順を踏みます。(お水は何度か取り替えた記憶があります)

私は当時のお隣さんに教えてもらった(というより殆どやってもらった>汗)のですが、検索するとキャベツを刻んでから塩で揉むというやり方もあるようで、各家庭で仕込み方も違ってくるのかもしれません。

この酸っぱいキャベツについては、よく「酢漬けキャベツ」という紹介がされるのですが、実際のところは酢につけて酸っぱくしているのではないという事が分っていただけたかと思います。

キャベツの説明はここまでにして、肝心のベビーワールドラーメンのお味はどうなのかというと、ずばりコンソメ!だそうです。
確かにこの周辺国の料理の味付けはベゲタと呼ばれる(※国によって商品名は異なります)野菜の粉末コンソメがベースになる事が多いので、コンソメ味でも大きくハズレではないけれど、当たらずも遠からず・・といった所なのでしょうか。
まあ、私自身口にする機会はないでしょうから、評価は皆さんの判断にお任せします。

それにしても、昔からベビースターラーメンは類似品のラメックに比べて高いなーと思ってましたが(まあ、量も多かったけど)、今は70円前後もするんですね!
これはW杯便乗料金なのか、それとも量も倍増しているのか・・
チ○ルチョコも今は20円のものが多いみたいだし、今駄菓子屋さんに100円握ってお買い物に行ったらどれだけのものが買えるのでしょう・・

べビースターワールドラーメン以外にもW杯対戦国の味を堪能(?)できる商品などみかけたら情報頂けると嬉しいです。


<追記>

YOKOさんのコメントにSarma od zeljaが出てきたので、サルマの種類についてもう少し説明を加えたいと思います。

・Sarma od kiselog kupusa
ザワークラフトのサルマ→上記でも紹介した最もポピュラーなサルマ
・Sarma od vinovog lisca
ブドウの葉のサルマ
・Sarma od zelja
青菜のサルマ
・Sarma od slatkog kupusa
(発酵させてない)キャベツのサルマ

この記事へのコメント
ほんと日本て何でも作っちゃいますねー!ペピースターで世界の味なんて。
ところで、ギリシャでもロールキャベツよく作ります。(しかも大好物!)そのひき肉とお米なのはおんなじですけれど、キャベツも普通の黄緑のものです。そのボスニア料理おもしろいですね!手が込んでいて。
どんな味なのかとっても興味があります。
Posted by chottocafe at 2006年05月12日 05:37
ううう〜。サロマ、久しぶりに見たら食べたくなってしまった・・・。たしかこのサロマ、私とまらなくなって5つぐらい続けてたべちゃったんじゃなかったっけ?(笑)おいしいよね〜〜〜〜。それにしてもそんなベビースターがあるとは日本にいるのに知らなかった!

この前は宮本選手プロデュースのお店が丸ビルにできたよね。WCが終わるまでの限定オープンらしいので、どんな感じか行ってみたい気もする。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20060509-00000014-spnavi-spo.html

熱狂的サッカーファンのヴィトはいつも「日本には気軽にサッカー見ながら集える場所がすくない」と嘆いていましたが、WCを控え、モニターを準備するお店も多くなってきて楽しみ楽しみ。
http://dining.rakuten.co.jp/cms.cfm?pg_id=15&20060511h
↑でもこの辺はヴィトの言っている「気軽に」な感じではないよね。多分言っているのは、Mic'oの旦那さん行きつけのカフェみたいなところのことかなぁ〜。
Posted by ばぁちゃん at 2006年05月12日 06:23
>chottocafeさん

日本ではW杯に便乗して色んな商品が出てそうですよね〜。
ロールキャベツ(ギリシャ語では何と呼ぶのですか?)は私も大好きです。ただダンナが余り好きではないのでお家では作りませんが・・
味付けはコンソメと粉末パプリカ(辛くないもの)、好みでケチャップも入れたりするようです。

ギリシャでは普通のキャベツを使うのですね。こちらでサルマはパーティー料理の定番なのですが、酸っぱいキャベツが切れる夏の間は代わりにパプリカの肉詰めがでてきたりしますよ。

>ばぁちゃん

画像ありがとう。メールの件は後で改めて返事するね☆
サルマ、過去ログを読んでたら5つ食べたって記録があったよ。あの家のも小ぶりだったし、ばぁちゃんはお肉余り食べないからそれだけ食べても全然問題ないよ。
大抵どこのお家のお祝いにお呼ばれしても、スープ→サルマ→丸焼きというコースなんだけど、うちはダンナがサルマを殆ど食べないので、私だけサルマに手をつけてるとなんだか大食いみたいな気分になってしまう・・(汗)

キャプテン宮本のカフェは紹介を読む限り余り食べ物は期待できないかも。まあ、宮本をはじめ日本代表が集う場という意味でカフェを開設したのだろうから、それでもいいのかもね。実はうちの身内が「恒さま」(最近こう呼ばれているらしい)密かにラブ(笑)なので、この期間に日本にいたら連れて行ってたかもね〜。
そういえば確か中田もカフェを開いてた記憶があるけど、こちらの方がセンスがよさそうな気がする。見たことないけど。

東京でサッカーを見ながら集えるお店、丁度情報提供しているサッカー雑誌に毎月紹介されているので、ヴィトさんが知っているところもあると思うけど挙げておくね。

「KEL」
フットサルコートや試合観戦用の大型スクリーン等がありプレーも観戦も楽しめるお店。ブラジルで奇跡のフルーツと呼ばれる「アサイー」を使ったドリンクが味わえるそうです。
<場所> 地下鉄東西線 東陽町駅から徒歩12分
http://www.futsalcafe.net/kel

「THE FooTNiK」
恵比寿にあるスポーツバーで客の半分近くが外国人。女性1人でも入りやすい雰囲気。

<場所>恵比寿駅東口から徒歩1分
http://www.footnik.net/

他にも渋谷の方とかにあった気がするけど、また情報があったら送るね。

その昔、「J's Bar」(今もあるのか分らないけどJリーグのチームにちなんだドリンクやフードが出てくるバー)やセリエAの試合を観ながら食事ができるところとか行ったけど、やっぱりああいうところは1人で行くと寂しいねー(周囲にサッカー好きがいなかったの>涙)
Posted by Mic'o at 2006年05月12日 17:00
再びばぁちゃんへ

ごめん、KELのURLは変更したみたいでhttp://kelnews.exblog.jp/
が現URLです。
Posted by Mic'o at 2006年05月12日 17:03
こんばんは。
なるほどーサルマで使うのは発酵させたキャベツなんですね。
ベビースターの袋には「塩漬けしたキャベツで豚肉や米等の具財を巻いた、"ロールキャベツ"料理」と書いてありました。
かなり久しぶりにベビースターラーメンを食べましたが、思った以上に美味しかったので驚きました(笑)。
Posted by ゆずる at 2006年05月12日 21:08
>ゆずるさん

こちらではお初ですよね?コメントありがとうございます。
キャベツ、確かに酸っぱいけど酢漬けじゃないよなーと色々検索してみたところ、発酵という表現が適当みたいです。
それにしても、「ロールキャベツ料理」って何だか妙な表現ですよね〜。ロールキャベツの一種だったら分るけど。

ベビースターラーメン・サルマ味、好評につき定番商品と化すのか、それともW杯後に消滅する幻の商品となるのかちょっと気になります(笑)そういえば、オーストラリアとブラジルは何味なんだろう・・
Posted by Mic'o at 2006年05月12日 22:03
このロールキャベツは、ルーマニアだと”サルマーレ”に。作り方も同じだと思います。
やはり似ていますね。

体の方は大丈夫ですか?私も低体温なので微熱でもツライのよーく分かります。通常体温より1度上がってるのに、相手にしてもらえないんですよね。
お大事に
Posted by マリチカ at 2006年05月12日 22:26
>マリチカさん

サルマーレ、ラテンの響きですね☆
そういえばどなたかが、サルマーレの作り方日本語バージョン(ク○ールの袋の裏に紹介されてたものだったと思う)を紹介されてましたが、あれは滅茶苦茶だったですね。あれでちゃんとサルマ−レ作れた人の顔が見てみたいです。

体調の方は薬を飲んでちょっとは楽になりましたが、1人でいる時間がないのでゆっくり静養できないのが辛いところです。微熱に関心がないというより、子どもの方が高熱を出すので、どうしてもそちらに心配が行ってしまうというのもありますね。低温同士、マリチカさんも体を大切にね☆

Posted by Mic'o at 2006年05月13日 05:04
あ、そうです。遅ればせながらはじめまして。
W杯仕様ベビースターは他は
日本:てりやきチキン味
ブラジル:シュラスコ味
オーストラリア:ペッパーステーキ味
ドイツ:ジャーマンソーセージ味
イタリア:イタリアンピザ味
というラインナップになっております。
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200605030004a.nwc
この調子では、アルゼンチンあたりだとアサード味になりそうですね(笑)。
Posted by ゆずる at 2006年05月13日 07:14
今回の旅行の帰国前日、セルビア語の先生の実家へ遊びに行ったら、お母さんがサルマを用意して待っていてくれました。

でも、定番のキャベツのサルマではなくて、季節(春)限定の“SALMA od zelja pihtije”というものでした。キャベツの代わりに緑の葉っぱで包んでいるのですが、キャベツとはまた違った美味しさがありました。
これについては、近々プログに書きたいと思います。

ルーマニアで食べたサルマーレ。ブカレストで食べたものは、やけにキャベツの酸味が強かったのを憶えています。安いレストランで食べたから?
マラムレシュ地方で食べたのもは、友達のお母さんの手作りで、こっちの方が格段においしかった。
サイズも小ぶりで一口大。食べるにも食べやすかったです。
Posted by YOKO at 2006年05月13日 10:00
>ゆずるさん

いえいえ、そんなかしこまって頂かなくても・・(汗)ネットでは結構お付き合いさせていただいてますので☆

さて、ベビースターラーメン@W杯バージョンの情報ありがとうございました。どの国も妥当な選択というところですね。オーストラリアはやっぱりOZビーフしかないんでしょうか。ビュッフェの時もOZビーフステーキが並んでた記憶があります。
アルゼンチンのアサード、いいですね〜。私にとってアルゼンチンというと「Dulce de Leche(ミルクジャム)」というイメージもあるんですが、ラーメンだから甘いものだとNGか・・

昨日クロアチアのメンバーも発表になり、いよいよ日本も明日が代表メンバー発表ですね。私の気分的には余りまだ盛り上がっていないんですが(汗)、もう1ヶ月もないんですよねー。ああ、4年経つのって早いわ・・
セルビアのW杯放送権争いもPINKで落ち着きそうな感じですね。うちの場合クロアチアの放映権をもつチャンネルがばっちり地上波でも受信できるのでクロアチア全戦はもれなくTV観戦できるんですけど、セルビア戦はどうかな〜??

>YOKOさん

先程は写真をありがとうございました。後程また改めてメールしますね。

さて、別バージョンのサルマ(Sarma)ですが、確かにSarma od zeljaはあるんですけど、Pihtijeは別料理ではないでしょうか?確か、An-chanさんのブログ(11月1日付「ピヒティエ」)でこのPihtijeの作り方をレクチャーしていたと思ったのですが。それともサルマの中にpihtijeが入ってる特別バージョンなのかな?ブログにて写真等Upされるのを楽しみにしてます☆ちなみにこの辺ではあまりPihtijeは食べないみたいで、うちのダンナも食べた記憶がないそうです。私はべオで一回試しましたが、ちょっと苦手かも(汗)

ルーマニアのサルマのキャベツが酸っぱかったのは発酵させすぎたのかな?サラダとして食べると酸っぱい事も多いけど、サルマだと程よい酸味になってたりするもんですけどね。きっと料理人の腕が悪かったのでしょう(爆)


Posted by Mic'o at 2006年05月13日 20:41
し、失礼しました。Pihtijeは別物でした。^_^;
お母さんに書いてもらったメモをそのまま写したんですが、
Pihtijeは下の段に書いてありました。

そうか〜、ゼラチンで固まった肉がでたんですけど、
あれがChiharuさんのブログに載っていた料理だったわけですね。

因みに今日の私の夕食は、ベゲタで味付けした野菜料理と、
先日食べたトン足の煮込みの汁が固まったゼラチンです。
あ、もちろんこれだけじゃないですけどね。
それと、お酒はもちろんラキヤです。(^。^)y-.。o○
(これはMic'oさんからの頂き物ではなくて、去年の残り)
Posted by YOKO at 2006年05月13日 21:08
やっぱり、サルマとPihtije(ピヒティエというよりピフティエの方が原音に近いような気がしますが)は別物でしたか。An-chanさんの記述によるとPihtijeはシンプルな割に結構時間が掛かる料理だそうですので、YOKOさんの来訪に合わせて先生のお母さまも腕を振るって下さったのでしょうね^^

サルマといえば、サラエボの郷土料理レストラン(Morica Hanって入った事あります?)などではブドウの葉を使ったサルマ(Sarma od vinovog lisca)がソガンドルマ(タマネギの肉米詰)と共に出てきた覚えがあります。季節や土地柄によって食されるサルマにも違いがあるようですね。
最もポピュラーなサルマに使われるザワークラフト(Kiseli Kupus)は割りと簡単に作れる方法を見つけたので、今度日本に帰省した際にはこれでサルマを作ってみようと思います。
Posted by Mic'o at 2006年05月14日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: J-ヴィレッジJヴィレッジ(ジェイ・ヴィレッジ)は、1997年に開設された日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンターである。福島県浜通り南部の広野町と楢葉町に跨がって立地している。.wikili..
Weblog: サッカーFC事典
Tracked: 2007-08-07 23:35

スィ〜ツ♪フル〜ティ♪元気の出る!ケーキ
Excerpt: 〜防災用非常食・備蓄食〜太陽の恵みがぎっしり♪ケーキの缶詰です。災害用非常食はもちろん、アウトドア携帯食・船舶用保存食・お子様・高齢者用常備食・不意の来客に最適!神奈川県小田原産無農薬夏みかんで作った..
Weblog: 保存食をいっぱい集めました
Tracked: 2007-09-06 12:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。