2006年04月21日

隣のママはどうしてる?@旧ユーゴの場合

やるべき事を終え束の間の解放感を味わっているMic'oです。

ALCの会員向け冊子にボスニアの育児事情に関するコラムが掲載された事は先日お伝えしましたが、この話を受けたのをきっかけに、私同様ボスニアやセルビアで育児をしている(もしくはしていた)ママ達の出産・育児エピソードを紹介しようと思い立ちました。

題して『隣のママはどうしてる?』です

記念すべき第一弾はセルビア南部・ピロット市にお住まいのsnowさんです。
興味のある方は下のURLから飛んでくださいね。

http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/djecasnow.htm

今後も数人のママからご協力頂ける事になってますが、旧ユーゴで子育て中(もしくはされていた)方でお話を聞かせてくださる方いらっしゃいましたらコメント欄もしくはメールにて御連絡下さいね☆
(※メールアドレスはプロフィールの欄に記載してあります)

今回ご協力頂いたsnowさん、本当にありがとうございました!




この記事へのコメント
とっても興味深く読みました。
袖の下事情から、習慣、教育まで幅広かったですしね。毎回テーマを決めていろいろな地域の方の声が聞けたら、ブログのほうとはまた違う面白いものになりそうですね。
それにしても・・・、8ヶ月で移住ですって?
snowさんの行動力と決断力はすごいです。今は日本に帰られているんですよね。よい時間をお過ごしくださいね。
Posted by デベラ at 2006年04月22日 11:00
>デベラさん

読んでくださってありがとうございます。きっかけはALCの執筆の件もあるのですが、昨年ネットを通じて同じように旧ユーゴで育児をしているママ達と知り合うことができた事もあります。皆さんブログでそれぞれの育児事情を紹介されてたりするんですけど、私からも色々聞いてみたいことがあるし、他にも同じような環境にある方と情報をシェアできればよいなーと思います。旧ユーゴ在住の方だけでなく、それ以外の地域にお住まいで旧ユーゴ出身のパートナーをお持ちの方ともネットワークを繋げていけたら嬉しいですね。

毎回テーマは微妙に異なっていて、今後は「妊娠・出産」「保育園・学校」についてそれぞれの方にお話していただこうと思ってますので、またUpしたらお知らせします。

Posted by Mic'o at 2006年04月22日 16:14
もう日付けが変わってしまいましたが、Hristos Vaskrs!! 良いイースターを過ごされましたか?
旧ユーゴの子育て事情、看護婦だった義母から色々聞いていたけどとても興味深かったです。
「冷え」に対してとっても神経質な旧ユーゴの人達。どの家を訪ねても牛乳以外は冷蔵庫に入れていないのか、冷たい飲み物が出てきた事はありません。(笑)昨年の旅行中に覚えた単語は何と「papuce(パプチェ)」。(チェが変換出来ませんでした。)素足でいるのが好きな私を心配して、どこへ行っても「papuce,papuce」と注意されました。
Posted by ヤパンカ at 2006年04月24日 13:53
Vaistinu vastrs(Voskrese)!私は正教徒ではないし、夫も敬虔な信者ではないので、家族のお祝いとしてはイースター卵を作ったくらいです。その卵を持って友人や親戚宅にお祝いの挨拶回りをしました。

「冷え」については先日も「雪の降る夜はペチカとアイス」でも書きましたが、必要以上に神経質ですよね。床でタイルを使う部分が多いなど家の構造が違うので日本同様に裸足を通すのも良くないのかもしれませんが、彼らも昔の住環境に基づく防寒方法をそのまま引き継いているだけという感じがします。
Posted by Mic'o at 2006年04月24日 18:33
こんばんは。
コメントが遅くなってしまいました。ごめんなさい。
大分に帰って温泉につかってきましたよ。
大変興味深く読ませていただきました。
皆さんのパワフルさに脱帽です!!!
日本で育児をしていてストレスがたまるとか、イライラしたりしている自分が恥ずかしくなりました。
これからも楽しみにしています。
ちょっとだけボスニアで育児をしたとはいえ・・・
とてもとても協力できるような経験はしていませんが、もしお役に立てればいつでも協力しますね。
Posted by このみのママ at 2006年04月26日 22:20
>このみのママさん

温泉につかってリフレッシュされてきたのですね☆
このみちゃんも温泉楽しめたかな?
ちなみにうちのみっしゅも温泉大好きですよー。
ボスニアにも温泉はあるのですけど、湯治用のところが多いようなのでまだ体験できてません。以前はハンガリーの温泉に時々行ってたんですけど、5年前からハンガリーの入国にあたってボスニア国民はビザが必要になってしまったので長いこと行けてません(T-T)ダンナの友人も住んでいて泊まる場所にも困らないんですが、ビザのためにわざわざサラエボまで行くのが面倒だし・・

自分の国であっても海外であっても育児でストレスがたまるのは一緒ですよー。日本だとボスニアなどに比べたらパパの帰りも遅いから朝から夜まで子どもと2人っきりという事も多いし。どこにいても育児に奮闘しているママさんは大変だと思います。もっと力を抜いて育児ができる環境が整っていくといいのですけどね。

ところで体験談の件、ボスニアでの育児を経験した後で日本の育児を経験すると色々と感じるところもあると思うので、できれば是非是非ご協力お願いしますm(__)m

また改めてメールしますね☆

Posted by Mic'o at 2006年04月26日 23:01
ご存知かもしれませんがマの地元にも温泉ありますよ。
やはり日本の温泉とは違ってあくまで湯治用な感はありますが、泉質は良いらしいし割と新しい施設で併設してかなり大きな屋内プールがあり、私でも足のつかないような深いものから、子供向けのものまであって、家族連れも多かったですよ。
Mic'oさんの所からだと車で日帰りできますよね?
もし機会があったら行ってみて下さい。
Posted by デベラ at 2006年04月27日 00:51
>デベラさん

温泉情報ありがとうございます。
マさんの地元は日帰りでも行けるけど、残念ながら色んな意味でちょっとフラッと行ける場所でもないような・・
でもダンナの知人がマさんの地元の大学で先生をしているのでその人を訪ねがてら行くというのもありかもしれませんね。でもダンナはあんまり温泉好きじゃないんですよ。ハンガリーに行ったのも一番の理由は親友に会う為で、温泉は私の付き合いで渋々といった感じだったんです(汗)
温泉プールといえば結婚前に実家に挨拶に来た際にいつもお世話になってる美容師さんから市内某温泉プール施設の招待券をもらったので何とか説得して行ったんですけど、この施設に関してのみ「えーじゃ2時間だけ」とか言いつつ4時間位いました。でも、岩陰でいちゃついてるカップルを見て鼻血拭いてました(爆)

もしかしたらマさん地元のプールも気に入って月1回位通う事になる可能性もあるかもしれないけど、もうちょっと暑くなると車で30分程のところにある大きなプール施設(他しか色々遊具もある)もオープンするので、そこに行けと言われてしまいそうです。
Posted by Mic'o at 2006年04月27日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16872115

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。