2006年04月06日

Sramota(恥)!

昨夜の7時台のニュースでサッカーのサポーターによりサラエボのトランバイ(路面電車)が破壊されたという一報が画像付きで短く紹介されました。
この日はサッカーのサラエボ・ダービー、サラエボvsジェレズニチャ-ルが行われたのですが、この仕業は両サポーターによるもの。その後、10時台のニュースでもサッカー・ニュースでは全く取り上げられなかったので、複数のニュースで取り上げる程注目すべきコンテンツでもないのかと思いきや、ダンナが今朝仕入れてきた日刊紙(Nezavisne Novine)によると

公共交通機関として市内を走るトローリーバス(電動バス)15台、並びにトランバイ7台がガラスやイスなどに損害を受けたとの事 煤i-o-)

サラエボと聞いて、JAPANバス(日本のODAにより寄贈された公共バス)の安否が気になりましたが、幸いというべきなのか、バスは被害の対象にならなかったようです。22台の被害が出た事がサラエボ市民の足に交通事情にどれだけの影響を及ぼすのかは分りませんが、ダービーを生で観戦したいと願うサッカーファンの足が更にスタジアムから遠のく事でしょう。試合よりその周囲で起こる悪行ばかりが目立ってしまうリーグよりは、ライブの興奮は味わえなくてもレベルの高い他国のリーグを観戦してた方がよっぽど満足感が得られるもの。

ドイツでの対日本戦でサッカー関連の某機関を非難する横断幕出してたボスニアサポの兄さん達、その言葉は同朋のならず者にも向けた方がいいんじゃないの?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16254252

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。