2006年03月30日

雪の降る夜はペチカとアイス?!

本日のブログはルーマニア在住へーどーさんの「鼻の下もカピカピになりました」にトラバさせて頂いてます。

旧ユーゴに住んでからというもの「冷え」に繋がる事に関して神経質な程に注意を受けるようになりました。家の中を裸足で歩いてればすかさず「スリッパを履きなさい!」と声が掛かるし、冷たいもの(特に炭酸入り)を喉に流し込んでいると「喉をおかしくするからそんなに沢山飲むなよ!」と再びダメオシの一言が飛んできます。

裸足の方は我が家も何度か改装してタイル床の部分が多くなってきたこともあり、冷たいタイルの上を裸足で歩くのは確かに冷えに繋がりそうだ、というのは分ってきましたが(靴下だけではNGだと思われているらしいけど、その辺りは適当にしてます)、冷たいものについてはお腹を壊すならともかく、四季を問わず喉を痛める理由をそこに求めるのが未だに納得いかないのです。

なんだか腑に落ちない感が拭えないにも関わらず、日本に帰省の際子ども用にオーダーしたジュースの中に氷を見つけると、「なんで子どものジュースに氷が入ってるのよ!」と非難の気持ちが湧き上がって来るのは、私の中のボスニア人度は思うより早いスピードで上昇しているせいかもしれません。(恐ろしや・・でも私は国籍もアイデンティティーも日本人ですから!)
日本で子ども用のジュースをオーダーした際「お子さまの飲み物は氷抜きにしましょうか?」と尋ねてくれたのは、地元のミスドで働く店員さんだけでした。でも、彼女が気に掛けてくれたのは彼の喉ではなくお腹だと思います。

我が家ではボスニアの掟に反して息子に冷蔵庫から出したばかりの牛乳やジュースを与えていますが、同じ年頃の子どもを持つ知人宅では牛乳や水はともかく、カフェで頼むジュースさえ室温で保管されていたもの、冷蔵庫に入っていたものであれば湯煎で温めて出すようにと店の人に指示する有様。室温ならまだしも、湯煎で温めるって、哺乳瓶入りのミルクじゃないんですからー。
本音を言わせてもらえば、湯煎にかけたジュースって喉ごし悪そうです。
更に言わせてもらえば、いちいち飲み物を温めるのが面倒なズボラな母の下に育ったうちの息子は、花の様に大事に育てられている知人の子ども達よりも病気に掛かる頻度は少なかったりします。体を冷やさない事に細かい気遣いをするのは大切だと思いますが、暖房ガンガンの部屋で厚着させて、汗かいたまま外出したら風邪引くの当たり前ですって・・(--;)

前置きが長くなりましたが、1月に欧州を襲った大寒波の頃「ロシアでは記録的な寒さの中アイスが飛ぶように売れている」といった記事を目にしました。
東欧では喉を冷やさないようにと躍起になっている中、極寒の地ロシアで冷たいものの代名詞ともいうべきアイスを人々が好んで口にしている、という逆転現象が起こっていたわけです。
厳冬の折にアイスを食べるとおいしく感じる、という話は中学時代に図書館で借りた椎名誠さんの写真集「シベリア夢幻 零下59度のツンドラを行く」で初めて知りましたが、内戦前ロシアに赴任していたダンナの従兄弟も「寒い中で食べるアイスはうまい」と証言してましたし、ネットで在ロシア邦人の方のサイトを検索すると案の定、冬でもアイスの消費量は落ちない様子。ロシアの凍てつく寒さの中で生活しているとアイスなどもはや冷たいものとして認識せず、そう思えるには東欧の寒さは中途半端なのでしょうか。

ロシア人は鋼鉄並みの喉の粘膜を備えていると見ましたが、アイスを食べた後にウォッカを流し込めば喉元過ぎれば熱さ・・ではなく、アイスの冷たさも一気に吹き飛びそうですけどね(^^;)


この記事へのコメント
こんばんは。
そのロシアの航空会社アエロフロートの、
フライトスケジュールが4月より変更になるそうなんです。

今日の夕方旅行会社から電話がありまして、
今まで可能だった成田−モスクワ−ザグレブ間の、
当日乗り継ぎができなくなったとのこと。
モスクワ一泊、しかも成田発を1日早めなければならない。
ということですので、最初の行き先をもう一度見直すことになりました。

東京は昨日、今日と夜はかなり花冷えします。
まるで冬の寒さが戻ったよう。
もしかして、そちらの方が暖かいかもしれませんね。
Posted by YOKO at 2006年03月30日 22:21
ルーマニア在住のマリチカです。
私も、この「冷え」に繋がる事に関して神経質な程注意を受けています。靴下は履く、それも真冬は2枚履きなどなど。
そして、厚着させて汗かいても、同じようなかんじです。歩いてて、汗かき始めて厚いから、服を脱いで、温度調整しようとすると、怒られます。
やはりお国が近い分、似ている考え方なのでしょうか。
Posted by マリチカ at 2006年03月30日 23:16
あら、それは大変ですね!煤i-0-)
今回は旅程が短いのにモスクワ1泊とか挟むと大影響ですよね〜。旧ユーゴ内でアエロが飛んでいるとなると、他にはベオと、どこだろう?スコピエやリュブリャ-ナへも就航してましたっけ?昔ベオ行きのアエロがモンテネグロ経由(チバットかな?)で飛んでましたけど、今は分らないな〜。ブログでも紹介したようにルフトやアリタリアでサラエボ就航便が増えたため、この辺を狙ってみるのも手かと思いますが、もう航空会社の変更は出来ないのかな?それ以前に日本発の便が満席なのかも。
貴重な2週間を有効に時間が使える旅程が組める事を願ってますね☆日程の組み方など何かお手伝いできることがあったら言ってください。

こちらは今朝方寒かったのですが、日中は太陽の光が降り注ぐよいお天気になりました。今後寒の戻りがありそうな予感がしますが、旅行には最適のシーズンに入りつつありますよ。


Posted by Mic'o at 2006年03月30日 23:20
お久しぶりです。
ボスニアも春ですね!
日本もすっかり桜が満開です。
ボスニアの掟には私も色々びっくりでした。
夏なのにこのみの裸足を見てたくさんの見知らぬ人に注意されましたもの。
といっても私は言葉が分からないから多分ですけどね。
でも怖い顔してすごい勢いで・・・間違いないでしょう。
それこそ気をつけ過ぎで逆に風邪をひいたり、弱い子になりそうですよね?
日本なんて室内ではもちろん裸足、夏は外でも裸足ですよね、一般的には。
そりゃ冬の寒さが違いますけど。
湯煎したジュースというのもねえ???
雑誌に掲載された記事ですが、機会があれば是非読ませてくださいね。
ボスニアで再会できる日を楽しみにしています。
(今のところはまだそのような話はでていませんが・・・)
Posted by このみのママ at 2006年03月30日 23:31
↑のコメントはYOKOさんへのものです。

>マリチカさん

冷えは確かに女性には大敵なんですけど、暑ければ暑い程良いと思っているようで、汗をかいたら脱ぐなり着替えたりするという事には考えが及ばないようです。部活なんかで思い切り汗欠いた後にはコーチから「ちゃんと汗拭いて着替えないと風邪引くぞー」って注意された気がするんですけど、本当考え方が一方的ですよねー。
ブログ内に登場した知人一家は室内温度が25℃位でも子どもを着ぐるみ並みに厚着させます。で、子どもは「暑いよー」とボヤいている有様。25℃って夏並みの温度なのに、そんなに着せたらどう考えても暑いに決まってるじゃん、と叫びたくなります。温度に合わせて着たり脱いだりする事が体を守る為に大事な事だと思うんですけどね・・日本で真冬でも半袖半ズボンで過ごしてる小学生を目撃した日には卒倒する事間違い無しです(笑)

Posted by Mic'o at 2006年03月30日 23:32
>このみのママさん

今日は皆時間差でコメントをつけていただいているみたいで、レスが追いつかず嬉しい悲鳴をあげています。

ウチの息子もかなり薄着にしているので、よく「もっと着せないと!」と言われますよ。もっとも私達夫婦も聞く耳をもたないのでサジを投げたようですが(^^;)
暖かい家の中で厚着してたら、外に出る時何着ていくの??って思いますよね。暖かくする事は大事だけど、温度によって脱いだり着たり調節する事が必要だって分らないのかな〜?と激しく疑問に思うのです。

湯煎したジュース、ってかなり微妙ですよね(汗)
知人一家と一緒にお茶しに行く事も多いんですが、カフェの人不思議に思わないのかしら?といつも考えちゃいます。ていうか、最初からホットチョコレートとか頼めばいいのに
Posted by Mic'o at 2006年03月30日 23:58
うちも家の中でははだしが多いです。おばあちゃんはセーターの上にチョッキまで来て重装備なのですが、その感覚を孫にまで押し付けるのはねえ。子供は風の子、大人は火の子と日本では言うのにね。
Posted by snow62 at 2006年03月31日 06:28
>Snow62さん

私が思うに、昔は暖房があってもどこの部屋も暖まっていたわけではないので、寒暖の差で風邪をひかないように常に厚着だったのではないかと。
でも、現在はセントラルヒーティングで家全体が温まるようになってる場合も多いし、電気ストーブとかなら薪ストーブと違って今のストーブは使っている部屋に移動できますものねー。隙間風も入ってこないし。

人々の考えが住環境の変化についていけず、しかもそれを代々受け継いでいるところが問題なんですよねー。暖房に限らず、理由は明確じゃないけど、とりあえずそういう習慣だからやってる、って事多くないですか?(赤ちゃんのグルグル巻きとかね)

そうそう、子どもは風の子!!少し位寒くても体を動かしてれば暖かくなってきますものね。それにしても厚着した上に始終動きまわっている知人の子どもってどれ位汗かいてるのか気になります
Posted by Mic'o at 2006年03月31日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。