2006年03月28日

春の息吹

先週末サマータイムに移行したのと前後して(日本との時差は7時間)、春の足音が急速に近づいてきました。もはや春というよりも初夏を思わせるような陽気で、長袖シャツにジャケットでは軽く汗ばむ程。それもそのはず、今日はバニャ・ルーカで22℃、サラエボでは20℃近くまで気温が上がったそうです。春というよりも初夏ですね。

約1週間前に雪の中凍えながら植樹作業をしたのが夢(悪夢?)の中の出来事だったかのようです。

何の植樹だったのかはまた改めて書く事として

我が家の庭にも花木の芽が顔を出したり、アリが地面を往来していたりと春の息吹を感じさせる光景が見られるようになりました。

pupopljakkroz.jpg

pupoljak.jpg

息子曰く「バラの赤ちゃん」、バラの新芽です。
近々一度剪定する必要があるようですが、今年も色とりどりのバラの花が我が家の庭に彩りを与えてくれる事でしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。